靴磨き

【鏡面落とし】古いワックスを落として栄養補給!革靴の乾燥を防ぐためには必須です

普段、革靴のお手入れはどのくらいの頻度で、どのように行っていますか?

全く行わない方、履いた後は必ず行う方、数回履いたら行うという方、様々いらっしゃると思います。

また、靴磨きの方法も自らのこだわりがあったり、独自に開発した手法があったり…。

色々なお手入れ法がある中で、僕が一足につき年に一度行っている、鏡面落としと栄養補給について書いてみます。

革靴のメンテナンス頻度は?

革靴のメンテナンス頻度、これは人によって様々だと思います。

2週間に1回のペースで靴クリームを塗っている方もいれば、3ヶ月に1回程度という方もいます。

はたまた、「いやいや、日頃のブラッシングだけで革の乾燥は防げるから、明らかに見た目が乾燥していない限りは靴クリームは使用しない!」という方まで様々です。

もちろん、これはその靴を履く頻度や保管場所に大きく左右されますので、一概には言えません。

ケアしすぎると革が柔らかくなり過ぎてしまったりカビが生えてしまうこともあります。

逆に、ずっとケアをしないで革が極端に乾燥することで、ひび割れを起こしてしまうこともあります。

そのため、自分の持っている革靴の様子をじっくりと観察して、その靴にはケアが必要かどうかを見極める必要があります。

かくいう僕はと言えば、10回程度履いたらその靴に靴クリームを入れるようにしています。

残りの9回はホコリ落としのブラッシングのみです。

【ブラッシングの重要性】革靴を履いた後は馬毛ブラシでホコリを落とす!革靴を長く愛用するために、最も重要なこと、それはブラッシングです。そして、それを継続すること。それこそが愛用の革靴と末永く付き合うための必須工程です。僕の愛用靴であるオールデンの975を例にとり、実際にブラッシングをしてみます。...

個人的には、度々ケアするのは過保護かなと思いつつも、持っているシューケア用品を使いたいという欲求もあり、折衷案で10回程度と目安を決めました。

メンテナンス時にワックス層が残っていると…

ただ、ケアをしないというのも少し問題と思っていて、特に鏡面磨きを施した部分は表面にワックスの層がある事で、革の通気性を阻害しがちです。

それによって革の乾燥を促進してしまうのです。

ですので、定期的にワックスの層を落として、革へ潤いを与えることが必要となるのです。

ただ、このワックス層は水溶性のクリーナーでは落としにくいのが難点なんですよね。

水と油は混ざりにくいですから、油のワックスは水をベースとしたクリーナーには溶けにくく、除去しにくくなっています。

全くワックス層が除去できないというわけではないのですが、そのためには何回もクリーナーをかけなければならず、非常に手間がかかります。

これは裏を返せば、油、つまり有機溶剤系にはワックスはよく溶けるため、除去が容易であるということを意味します。

一路
一路
今回は有機溶剤系のクリーナーを使ってワックスをしっかり落として、革靴へ栄養を補給していきます!

革靴の乾燥防止

メンテナンスを行うのはこちらの靴です。

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN)アシュランスという靴。

先ほど述べた通り、この靴も定期的に手入れしているのですが、トゥ(つま先)部分に鏡面仕上げを施してから1年程度経過しています。

ワックス層に傷がついたらワックスを重ね塗りして…、を繰り返して1年が経過していました。

この間、靴クリームを塗っても、ワックスが乗っているのでトゥ部分にクリームが浸透しにくくなっていて、アッパーの他の部分に比べ、乾燥が進んでしまっているはずです。

そこで、トゥ部分のワックス層を落として栄養を与えていこうと思います。

何はともあれブラッシング

まずは靴のブラッシングです。

馬毛ブラシで靴ひもを外した靴をブラッシングします。

 

タンの部分も隅々まで。

靴のお手入れは「何はともあれブラッシング」。

一路
一路
これ、合言葉です!

ワックス層の除去

続いて、頑固なワックスを除去します。

使用するのはこちらです。

サフィール(SAPHIR)レノマットリムーバーです。

白い層と透明の層に分かれていますね。

化学系の方は分液漏斗を思い出すのでは?

こちらは有機溶剤系のリムーバーでして油落としには強力な効果を発揮します。

古いワックスはもちろんの事、革の潮吹きやカビなども除去できます。

【カビ取り方法】革に発生したカビを溶剤で徹底除去!【レノマットリムーバー】革に発生したカビの落とし方をご紹介している記事です。革製品にカビはつきもの。この記事ではベルトに生えてしまったカビの除去をレノマットリムーバーで行っています。革靴や革財布にも応用できますので是非お試しください!...

溶剤系ならではですね。

反面、溶剤系ゆえに、革に含まれている必要な油分まで吸い取ってしまうのです。

従って、これを使用する際は革への栄養補給が必ずセットになります。

レノマットリムーバーだけ使用して後は放置、なんてことは絶対にしてはいけません!

一路
一路
今回は栄養補給をしっかりとするために、前準備としてこのレノマットリムーバーを使いますので問題なしです!

さぁ、これをクロスに取って…

柔らかいタッチで拭きます。

ゴシゴシ擦ると、革へのダメージが深刻になってしまいますので気を付けましょう。

すると…

クロスにワックスが移りました。

一路
一路
さすが溶剤系、強力な落ちですね!

汚れやワックスが付いたクロスは定期的に洗うと、使いやすくなりますし、何よりエコです。

靴磨きで使用した布・使い捨てはもったいない!洗えばきれいになって、使用感も向上します靴を磨くときには「布」、使いますよね? シューワックスを使って鏡面仕上げする際に使用したり、クリーナーで汚れを落とすのに使ったり…...

ワックスが完全に落ちるまで「優しさ」を忘れずに新しいクロス面で数回繰り返します。

そうしますと下の写真のようになります。

ワックスが落ちて鏡面が消えました。

アッパーの他の部分にもレノマットリムーバーを使用して、汚れと古い靴クリームを除去します。

あ、そうそう!
リムーバーを使用した後は15分ほど時間を置きます。

溶剤系ですから、革から完全に溶剤を揮発させるために少し時間を置くんです。

(待つこと15分…。)

一路
一路
よし!
OKです!

レノマットリムーバー以外でも鏡面落とし専用クリーナーのハイシャインクリーナーや靴クリームのクレム1925でもワックスの除去は可能です。

ということで次の工程に行きましょう。

栄養補給

いよいよメインの栄養補給です。

トゥをはじめ、アッパー全体にレノマットリムーバーを使用しましたので、栄養の浸透を邪魔するものは何もありません!

そこで次に登場するのが「サフィールノワール(SAPHIR NOIR)」「レノベイタークリーム」です。

 

このクリームは革へ十分な栄養と潤いを与えるとともに、光沢も与えられる万能クリームです。

同じくサフィールノワールのスペシャルナッパデリケートクリームは光沢を与えないタイプのクリームですので、使い分けられます。

僕は専ら、革靴へはレノベイタークリームを使用しています。

ミンクオイル配合なので、付けすぎると革が柔らかくなりすぎてしまうので、少しだけ注意が必要ですが、伸びが良く塗りやすいのでとてもおススメです!

このクリームをペネトレイトブラシにとって、靴へ塗りこみます。

 

レノマットリムーバーを使用したので革の油分が抜けています。

通常よりも少し多めにとって、潤い補給を行っていきます。

履きジワのところは特に入念にクリームを塗りこみ、革の柔軟性を確保、ひび割れを防止しましょう。

ブラッシング

ペネトレイトブラシを使用した後は、豚毛ブラシで隅々までクリームを行き渡らせます。

こちらのブラシを使って、このように…

ここでも履きジワのところは特に入念に。

手首のスナップを利かせて、大きくブラッシングします。

磨き上げる

ブラッシングが終わったら、クロスで余分なクリームを拭き取るとともに、磨き上げます。

クロスを動かした際に抵抗がなくなってスルスルと滑るようになってきます。

逆に、いつまでも抵抗が残るようですと、クリームを付けすぎています。

その場合は少し乾燥させて水分を飛ばすと良いです。

一路
一路
次回は少し量を抑えてやってみてください!

慣れてくると感覚で分量がわかるようになると思います。

今回はグローブクロスを使用してさらにツヤを出していきます。

グローブクロスは手にかぶせるタイプなので本当に使いやすくて便利です。

グローブクロスは持ち運びにも便利!
globe-cloth-11
【M.モウブレィのグローブクロス】携帯用靴磨きクロスを新調しましたM.モウブレィのグローブクロスのレビュー記事です。靴磨きに便利な手袋型の磨きクロスであるグローブクロスは、手にスッポリとはめて使うタイプのシューケア用品。手を汚さずに革靴を磨くことができて、革に光沢も与えられる便利グッズです。携帯しやすく、旅先に持っていけば出先でサッと靴を磨くことができます。...

 

革靴への栄養補給終了

靴への栄養補給が終わりました。

最後に靴ひもを付けて…、フィニッシュ!

レノマットリムーバーを使用した直後はマットな質感だったトゥですが、見事に(自分で言っていくスタイル)ツヤが出ています。

ワックス層があると、その部分にはクリームを入れにくくなってしまいますが、レノマットリムーバーを使用すれば、ワックス層を除去して確実にクリームを浸透させることが出来ます。

長らくワックスで仕上げた鏡面を落としていないという方は是非試してみてください。

一路
一路
意外と乾燥しているかもしれませんよ?

お気に入りの靴と末永く付き合うためのメンテナンス、本当に楽しいです!

それでは、今回はここまで。

ご覧頂き、ありがとうございました!

reno-mat-3
レノマットリムーバーの強力な洗浄効果を体感!【失敗しないための使い方】レノマットリムーバーは強力な洗浄効果の革用クリーナー。強い洗浄力を持つがゆえに革を傷めてしまう可能性もありますが、使用方法に気を付けてさえいれば、トラブルは起きません。この記事では、レノマットリムーバー使用時の注意点と、実際に革靴のワックス層を落とす様子をご紹介します。...
クレム1925で革靴のワックスを除去!無色の油性クリームは鏡面落としにも使える!鏡面に仕上げた革靴のワックス、落としていますか?シューワックス専用のクリーナーもありますが、実は、靴磨き時に使用する靴クリームの「クレム1925」でも靴に塗ったワックスは除去できます。その秘密は「油性」クリームであること。この記事では実際にクレムでワックスを落とす様子をご紹介します!...
靴磨きの方法まとめ
shoe-shine-summury-99

革靴に使用されている革には様々な種類があり、それぞれに特徴があります。
革の魅力を最大限引き出すために、革の種類によって適したケア用品・方法を選びましょう。
革種ごとの靴磨き方法をまとめています。

CHECK!

靴磨き方法まとめ

こんな記事もオススメ!