靴磨き

靴磨きをはじめたい!靴の手入れに興味がある!と思ったら読んで欲しい靴磨き手順まとめ

start-polishing-shoes-4
  • 靴磨きをはじめたいなぁ…
  • でも、靴磨きってどうやるの?
  • 方法は?手順は?

漠然ばくぜんとこんな風に思っている方はぜひともこの記事を読んでみてください。

靴磨きの方法がわかります。

一口で靴磨きといっても、多様な工程で成り立っているのが靴磨きプロセスの醍醐味だいごみです。

この記事では靴磨きの工程ごとに以下の6ステップに分類し、各工程を解説しています。

一路
一路
靴磨き工程の気になる部分を読んでみてください!

STEP1:革靴にシューキーパーを入れる

start-polishing-shoes-7

STEP1は革靴にシューキーパーを入れる作業です。

革靴を磨く前に徹底しておきたいのが、シューキーパーを使うこと。

外から家に帰ってきて革靴を脱いだ後に、そのまま放置するのはNG。

革靴を脱ぎっぱなしの状態で何もせずに放っておくと、革靴が型崩れを起こしてしまいます。

シューキーパーを革靴に入れることで、革のシワをしっかりと伸ばし革靴の型崩れを防止、また、深いシワを作らせないことができます。

木製のシューキーパーならば、湿度コントロール機能もあり。

長時間履いた後の革靴は、思いのほか足の汗を吸収しています。

水分を含んだままの革靴をそのままにしておくと、臭いやカビの原因に…。

木製のシューキーパーは革靴に染み込んだ汗を吸い取り、革靴内部の環境を整えてくれる効果があるのです。

一路
一路
革靴を良好なコンディションに保ちたいのなら、シューキーパーは必須アイテムですよ!
STEP1:シューキーパーの活用方法を詳しく見る
step-1-shoe-keeper-10
【靴磨き手順STEP1】シューキーパーで革靴の形状を維持する【シューズを美しい状態で保つ方法】靴磨きを始めようと思ったそこのあなた!まずは革靴にシューキーパー(シューツリー)を入れましょう。靴用ハンガーともいうべきシューキーパーは、靴の型崩れを防止してくれる優れもの。お気に入りのシューズをいつまでもきれいな状態に保つため、シューキーパーを利用するのはシューケアの基本です!...

STEP2:革靴のホコリを落とす

start-polishing-shoes-3

STEP2は革靴のホコリを落とすこと。

革靴のコンディションを良好に保つ上で、シューキーパーに負けず劣らず重要な意味を持つのが、ホコリ落とし。

革靴は日々履いているうちにチリやホコリがくっ付いていきます。

そのホコリが革に悪さをするのです。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
ホコリが付くのがそんなにダメなの?
一路
一路
大いに問題ありです!

革に付いたチリやホコリはそのままにしておくと、革に含まれている水分や油分を吸い取ってしまうのです。

水分・油分が奪い取られた革は、いわばカサカサの状態に…。

革は人間の肌と同じように、適度な水分や油分が含まれていることでしなやかさや独特の風合いが表れます。

乾燥が進んだ革はしなやかさが失われ、硬く乾燥し、ひび割れたりしてしまうのです。

チリやホコリを革靴に付いたままにしておくと革の乾燥が進み、革が取り返しの付かないダメージを受けてしまいます。

長く革靴を履きたいのであれば、定期的なホコリ落としが必須なのです。

STEP2:ホコリ落とし方法を詳しく見る
step-2-brushing-5
【靴磨き手順STEP2】ブラッシングで革靴のホコリを落とす【革の乾燥を防止する方法】靴磨きの手順を解説しています。この記事では革靴のホコリ落としの必要性とその方法を図付きで説明しています。馬毛ブラシでチリやホコリを払い落として革の乾燥を防ぎましょう!...

STEP3:革靴の汚れを落とす

start-polishing-shoes-2

STEP3は革靴の汚れを落とすこと。

日々革靴を履いていると付着するのはホコリだけではありません。

水汚れ油汚れで革靴が汚れていきます。

チリやホコリはブラシがけで払い落とすことができますが、水汚れ等はブラッシングだけでは落としきるのは難しいです。

そのため、靴クリーナーを使って水汚れや油汚れを落とす必要があります。

水汚れ・油汚れを落とすことで革の風合いを美しい状態に保ち、保革クリームの革への浸透をうながすことができます。

また、古い靴クリームは徐々に酸化して、革靴の色合いをそこねる原因にもなります。

靴クリーナーで革靴をクリーニングすることで汚れだけでなく、古い靴クリームも落として革靴をリフレッシュさせられます。

STEP3:汚れ落とし方法を詳しく見る
step-3-cleaning-1
【靴磨き手順STEP3】靴クリーナーで革靴の汚れを取り除く【革の風合いを維持する方法】靴磨き手順のうちの革靴の汚れ落としについて、その必要性と方法を解説した記事です。革靴の汚れを放置すると美しさをそこなうだけでなく、革の呼吸を妨げられカビの発生や革自体の劣化を引き起こすことになりかねません。靴クリーナーを使って靴の汚れをしっかり落とし、お気に入りのシューズをベストコンディションに保ちましょう!...

STEP4:革靴に靴クリームを塗る

start-polishing-shoes-5

STEP4は靴クリームを塗ること。

革は段々と水分や油分が失われ、また、色あせが起こります。

いくらホコリを払い落とそうとも、汚れを落とそうとも、革が空気に触れている限り、遅かれ早かれ革の乾燥は進んでいくのです。

一路
一路
日々のブラッシングをすれば革の乾燥は大分遅くなりますけどね!

革の風合いを保つため、乾燥を防ぐために定期的に靴クリームを塗る必要があります。

革靴に靴クリームを塗ることで革に水分や油分を与えられ、革が乾燥せずに、いつまでもみずみずしい質感を保てるのです。

ちなみに、有色の靴クリームを使えば、革の補色もできるので一石二鳥です。

STEP4:靴クリームの塗り方を詳しく見る
step-4-shoe-cream-1
【靴磨き手順STEP4】革靴を靴クリームで保革する【栄養補給と補色効果あり】革靴はだんだんと乾燥し、硬くなっていきます。そうなると革がひび割れたりシワが入ったりして、最悪の結果を招くことになりかねません。靴クリームを塗ってしっかりと水分・油分を与えてあげることが革靴と長く付き合っていくコツです。この記事では潤いと栄養を補給して革靴を守るための方法をご紹介しています。...

STEP5:革靴を磨き上げる

start-polishing-shoes-6

STEP5は革靴を磨き上げること。

靴クリームを塗った後は磨きクロス山羊毛ブラシを使ってツヤを与えてあげると、革靴の雰囲気がワンランクアップ。

より美しい仕上がりになります。

靴クリームには光沢を与える成分が含まれているものが多くあり、磨くことで革靴が輝く作用があります。

磨きクロスでツヤを出す仕上げをするかしないかで、革靴の美しさが大きく変わるので磨き工程は大事。

靴磨きの醍醐味だいごみといえる作業でもあります。

毛先が細かく柔らかな山羊毛ブラシを使うと、革靴の輝きがより一層有機的で美しい仕上がりとなるため、磨きクロスとの併用がオススメです。

また、磨き上げる工程には余分な靴クリームを革靴上に残さない、拭き上げの意味合いも含みます。

革靴の仕上がりを満足度の高いものにしたい方には、ぜひオススメしたい作業が磨き工程です。

STEP5:革靴を磨き上げる方法を詳しく見る
step-5-polish-11
【靴磨き手順STEP5】磨きクロスと山羊毛ブラシで革靴を磨き上げる【ツヤを出して印象アップ】靴磨き手順のうち、革靴を磨き上げる工程の必要性とその方法について解説した記事です。磨きクロスや山羊毛ブラシで革にツヤを与えると、革の美しさを最大限引き出せます。革靴をより美しく仕上げたい方はぜひご覧ください!...

STEP6:革靴をハイシャインに仕上げる

start-polishing-shoes-1

STEP6は革靴をハイシャインに仕上げる工程です。

ハイシャインとは、革靴に鏡のような光沢を与える手法。

鏡面仕上げとも言われ、革靴をドレッシーでエレガントなよそおいに仕上げることができます。

ハイシャイン仕上げは靴クリームを磨いただけのツヤとは明らかに質の異なるもので、周囲の景色が革靴に写りこむほどの光沢を放つようになります。

ハイシャインは革靴に靴用ワックスを塗り、磨き上げることで表れます。

美しいツヤが出ますが、技術的に少しハードルが高く、初心者の方だと上手くハイシャイン仕上げができないこともあるかもしれません。

ですが、ある程度回数をこなすことで、誰しもがハイシャイン仕上げを楽しむことができるようになります。

自らの技術の向上を体験できるのもハイシャイン仕上げの醍醐味だいごみです。

ハイシャイン仕上げをする方がいらっしゃる一方で、ほどこさない方もいらっしゃいます。

革靴の雰囲気や気分、その革靴を履くTPOによってハイシャインの有無を使い分けると、シューライフがより充実することでしょう。

STEP6:ハイシャインに仕上げる方法を詳しく見る
step-6-high-shine-12
【靴磨き手順STEP6】ハイシャイン仕上げで革靴をより美しく【鏡のような輝きを与える方法】ミラーシャインや鏡面仕上げとも呼ばれる、「ハイシャイン」を革靴に施す意味と方法を解説しています。鏡面磨きをしてみたいけど、やり方や使う道具が分からない…。そんな方はぜひともこの記事をご覧ください!...

靴磨き工程ごとに適した作業をして革靴を労ろう!

本記事では、靴磨きの工程を6STEPに分けてご紹介しました。

靴磨きを始める以前の革靴のコンディションを良好に保つためのシューキーパーの利用、ホコリと汚れを落として革の風合いを守り、保革クリームで革を保護する、と言ったように靴磨きといっても多くの工程があります。

革靴を磨き上げてツヤを出したり、ワックスで鏡面のような輝きを与えたりして、美しさを向上させるのも靴磨きの楽しみの一つです。

靴磨きの各工程の必要性や意味を理解すれば、靴磨きがより楽しく有意義になること必至です。

一路
一路
ぜひとも各工程を楽しんでみてください!

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました。

step-1-shoe-keeper-10
【靴磨き手順STEP1】シューキーパーで革靴の形状を維持する【シューズを美しい状態で保つ方法】靴磨きを始めようと思ったそこのあなた!まずは革靴にシューキーパー(シューツリー)を入れましょう。靴用ハンガーともいうべきシューキーパーは、靴の型崩れを防止してくれる優れもの。お気に入りのシューズをいつまでもきれいな状態に保つため、シューキーパーを利用するのはシューケアの基本です!...
step-2-brushing-5
【靴磨き手順STEP2】ブラッシングで革靴のホコリを落とす【革の乾燥を防止する方法】靴磨きの手順を解説しています。この記事では革靴のホコリ落としの必要性とその方法を図付きで説明しています。馬毛ブラシでチリやホコリを払い落として革の乾燥を防ぎましょう!...
step-3-cleaning-1
【靴磨き手順STEP3】靴クリーナーで革靴の汚れを取り除く【革の風合いを維持する方法】靴磨き手順のうちの革靴の汚れ落としについて、その必要性と方法を解説した記事です。革靴の汚れを放置すると美しさをそこなうだけでなく、革の呼吸を妨げられカビの発生や革自体の劣化を引き起こすことになりかねません。靴クリーナーを使って靴の汚れをしっかり落とし、お気に入りのシューズをベストコンディションに保ちましょう!...
step-4-shoe-cream-1
【靴磨き手順STEP4】革靴を靴クリームで保革する【栄養補給と補色効果あり】革靴はだんだんと乾燥し、硬くなっていきます。そうなると革がひび割れたりシワが入ったりして、最悪の結果を招くことになりかねません。靴クリームを塗ってしっかりと水分・油分を与えてあげることが革靴と長く付き合っていくコツです。この記事では潤いと栄養を補給して革靴を守るための方法をご紹介しています。...
step-5-polish-11
【靴磨き手順STEP5】磨きクロスと山羊毛ブラシで革靴を磨き上げる【ツヤを出して印象アップ】靴磨き手順のうち、革靴を磨き上げる工程の必要性とその方法について解説した記事です。磨きクロスや山羊毛ブラシで革にツヤを与えると、革の美しさを最大限引き出せます。革靴をより美しく仕上げたい方はぜひご覧ください!...
step-6-high-shine-12
【靴磨き手順STEP6】ハイシャイン仕上げで革靴をより美しく【鏡のような輝きを与える方法】ミラーシャインや鏡面仕上げとも呼ばれる、「ハイシャイン」を革靴に施す意味と方法を解説しています。鏡面磨きをしてみたいけど、やり方や使う道具が分からない…。そんな方はぜひともこの記事をご覧ください!...
shoe-shine-summury-99
【決定版】靴磨き方法まとめ!革靴のお手入れのやり方とは?【牛革・馬革・ガラスレザー・オイルドレザー】一言で「革靴の磨き方」と言っても、革の種類によって靴磨きの手法は少し変わってきます。革の性質によって適したケア方法は違うもの。革種別に靴磨き方法をまとめました。カーフレザーにガラスレザー、コードバンとオイルドレザー。番外編として、革靴の洗い方もご紹介しています!...
recommend-leather-shoes-1
【オススメ革靴5選】革好きの僕が1年以上愛用し続けているシューズたち!カジュアルに履ける靴をシーン別にご紹介冠婚葬祭やビジネスの印象が強い革靴。ですが、革靴にはカジュアルシーンでも大活躍してくれるポテンシャルがあります。革の丈夫さやフォーマル・カジュアルのバランスの取れた雰囲気は日常の様々なシーンで活躍する可能性を秘めているのです。革靴をシーン別に履き分ければ、休日のシューズライフが充実!普段からスニーカーしか履かないという方にはぜひご覧いただきたいです。...
polishing-frequency-1
革靴を磨く頻度ですか?磨きたくなったら磨いていますよ僕は!【義務感ではなく楽しいから】靴磨きをする頻度ってどれくらい?正直、自分が「磨きたい!」と思ったタイミングで磨くという意識でOKだと思います。靴クリームを塗ることも大事ですが、「1ヶ月に1回」とか、特別に設定しなくともブラッシングとシューキーパーを使っていれば革靴の劣化は防げます。義務感を感じず、楽しく革靴のお手入れをすることが何よりも大事なことです。靴磨きは楽しく!楽しいからこそ気持ちを込めて靴を磨けるというものです。...
collonil-delicate-cream-4
【コロニルのデリケートクリーム レビュー】革製品の汚れ落としに使えるマイルドクリーナー革製品の汚れ落としってどうされていますか?布で乾拭きしたりブラッシングして落ちる汚れは限られます。そんな時はコロニルのデリケートクリームを使いましょう。界面活性剤と有機溶剤のダブルの効果で汚れを落とす、優れもののクリームのご紹介記事です!...
shoe-care-goods-summary-1
【決定版】靴磨きに必要な道具まとめ!あると便利なアイテムもご紹介【シューケアを楽しみたい方へ】靴磨きにはどんな道具を使うの?何が必要?あると便利なアイテムは?この記事をご覧になればわかります。ブラシや靴クリーム、シューポリッシュやシューキーパー。使う理由と得られる効果と共にオススメアイテムをご紹介します!...
Amazonギフト券をチャージしてお得に買い物!

amazon-gift
Amazonで買い物するならAmazonギフト券チャージタイプを活用しましょう!
チャージ金額に対して通常会員なら最大2.0%プライム会員なら最大2.5%のポイントが貯まるのでお得に買い物を楽しめます!

▼Amazon公式サイトへGO!▼
Amazonギフトチャージ

▼Amazonをよく利用される方へ!▼
Amazonプライム会員なら配送料が無料に!