靴磨き

【6つの手順】靴磨き方法を分かりやすく解説【各段階の目的と使う道具は?】

start-polishing-shoes-4
  • 靴磨きをはじめたいなぁ…
  • でも、靴磨きってどうやるの?
  • 靴を磨く方法は?手順は?

漠然ばくぜんとこんな風に思っている方は、ぜひともこの記事を読んでみてください。

  • 靴磨きをどうやるのか
  • 靴磨きにはどんな道具を使うのか

上記を含め、靴磨きの方法がわかります。

一口で靴磨きといっても、多様な工程で成り立っているのが靴磨きプロセスの醍醐味だいごみです。

この記事では靴磨きの工程ごとに以下の6ステップに分類し、各工程を解説しています。

靴磨き手順の図解靴磨きの手順は全6ステップ
靴磨きの手順(スクロールできます)
靴磨き工程作業の内容使う道具作業の目的
STEP1革靴にシューキーパーを入れるシューキーパー(シューツリー)革靴の形を整える
靴磨きの作業性を向上させる
STEP2革靴のホコリを落とす馬毛ブラシ革靴に付いたホコリやゴミを取り除く
STEP3革靴の汚れを落とす靴クリーナー
クロス
革靴に付いた水汚れや油汚れを落とす
古い靴クリームやワックスを取り除く
STEP4革靴に靴クリームを塗る靴クリーム
クリーム塗布用小型ブラシ
豚毛ブラシ
革に潤いと栄養を与える
革靴にツヤを出す
色あせた革を補色する
STEP5革靴を磨き上げるクロス
山羊毛ブラシ
革靴のツヤを高める
余分な靴クリームを取り除いて革のベタつきを防ぐ
STEP6革靴をハイシャインに仕上げる靴用ワックス
クロス
ハンドラップ
革のツヤをより高める
革表面に油膜を張り衝撃に強くし、撥水性を向上させる

上の表はスクロールできます。

一路
一路
靴磨き工程の気になる部分を読んでみてください!

靴を磨く目的

靴磨き手順をご説明する前に、まずは靴磨きの目的をはっきりさせておきます。

目的が明確になれば、作業の意味が理解しやすくなりますからね。

  • 人はなぜ靴を磨くのか?

理由は人それぞれあるでしょうが、以下の理由は外せないかと。

靴を磨く目的
  • 足元がキレイだと気分が上がる
  • 革靴が長持ちする

足元がキレイだと気分が上がる

靴磨きで革靴がきれいになる図靴磨きは革靴をきれいにするだけでなく気分を高める効果がある

靴を磨くと汚れが落ちて清潔に、かつ見た目が美しくなります。

磨くのですから、当然ですよね。

足元の靴がキレイだと、気分が高まります。

なにかこう、自信を持って街を歩けるようになるのです。

  • 良い靴は良いところに連れて行ってくれる

という格言があるように、靴を美しく保っておくと、ポジティブな気持ちで何事もとらえられるようになります。

一路
一路
良い靴というのはブランド品という意味合いだけでなく、手入れの行き届いて大事にされている靴だと思う次第!

革靴が長持ちする

靴を磨く効果はメンタル的な面だけでなく、革靴のコンディションにも良い影響を与えます。

革は放っておくと乾燥し、ひび割れが起きます。

革を乾燥から守るためにはお手入れでホコリを落とし、水分や油分を補うことが重要です。

定期的に靴を磨くと、革のコンディションを良好な状態に保てるため、結果的に革靴が長持ちします。

  • 面倒だなぁ…

と思っても、革靴を磨いてあげれば長持ちするのですから、やらない手はありません。

最初は面倒でも、磨いていくうちにツヤが出てくる革靴を見れば、やる気が増すというものです。

靴を磨いて得られるもの

靴を磨くと多くのポジティブな効果が得られます。

靴磨き効果の一例
  • 靴がきれいになる
  • 靴が長持ちする
  • 靴に愛着が湧く
  • 周囲の人に清潔な印象を持たれやすい

靴がきれいになる、長持ちするのは先ほど述べた通り。

その他にも効果が。

手間をかけることで、その靴に対してますます愛着が湧きます。

お気に入りの靴を履くと、それを身に着けている喜びのもと、1日を過ごせますよね。

また、靴がきれいだと、周囲の人から好印象をいだかれやすいです。

一路
一路
清潔感がまとえますからね!

ピカピカの靴だと、

通りすがりの御方
通りすがりの御方
(おっ!この人、やり手っぽい!)
通りすがりの御方
通りすがりの御方
(細かなところも配慮できる人なんだな)

なんて、印象が良くなります。

また、磨いた後の革靴は惚れ惚れするほどの美しさ。

磨いた靴を履いて外出するのが楽しくなります。

自然光の下で見る革靴は、自宅で磨いたときよりも美しく映り、気分を高める要因に。

革靴の状態を整えることで、自らの心も整えているような感覚が得られ、丁寧な暮らしを意識するきっかけにもなります。

  • 毎日の生活を豊かにしてくれる

そんな魅力が靴磨きにはあるのです。

一路
一路
靴磨きは人生を彩る尊い行為なんです!

靴磨きの手順をステップごとに解説

では、ここからは靴磨きの方法を順を追って解説していきます。

以下の手順をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

靴磨きの手順
  1. STEP1:革靴にシューキーパーを入れる
  2. STEP2:革靴のホコリを落とす
  3. STEP3:革靴の汚れを落とす
  4. STEP4:革靴に靴クリームを塗る
  5. STEP5:革靴を磨き上げる
  6. STEP6:革靴をハイシャインに仕上げる

STEP1:革靴にシューキーパーを入れる

靴磨き手順:STEP1「革靴にシューキーパーを入れる」靴磨きの1工程目はシューキーパー投入
start-polishing-shoes-7
STEP1で使う道具
  1. シューキーパー

STEP1は革靴にシューキーパーを入れる作業です。

革靴を磨く前に徹底しておきたいのが、シューキーパーを使うこと。

外から家に帰ってきて革靴を脱いだ後に、そのまま放置するのはNG。

革靴を脱ぎっぱなしの状態で何もせずに放っておくと、革靴が型崩れを起こしてしまいます。

シューキーパーを革靴に入れることで、革のシワをしっかりと伸ばし革靴の型崩れを防止、また、深いシワを作らせないことができます。

step-1-shoe-keeper-4

木製のシューキーパーならば、湿度コントロール機能もあり。

長時間履いた後の革靴は、思いのほか足の汗を吸収しています。

水分を含んだままの革靴をそのままにしておくと、臭いやカビの原因に…。

木製のシューキーパーは革靴に染み込んだ汗を吸い取り、革靴内部の環境を整えてくれる効果があるのです。

一路
一路
革靴を良好なコンディションに保ちたいのなら、シューキーパーは必須アイテムですよ!

STEP2:革靴のホコリを落とす

靴磨き手順:STEP2「革靴のホコリを落とす」靴磨きの2工程目はホコリ落とし
start-polishing-shoes-3
STEP2で使う道具
  1. 馬毛ブラシ

STEP2は革靴のホコリを落とすこと。

革靴のコンディションを良好に保つ上で、シューキーパーに負けず劣らず重要な意味を持つのが、ホコリ落とし。

step-2-brushing-7

革靴は日々履いているうちにチリやホコリがくっ付いていきます。

そのホコリが革に悪さをするのです。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
ホコリが付くのがそんなにダメなの?
一路
一路
大いに問題ありです!

革に付いたチリやホコリはそのままにしておくと、革に含まれている水分や油分を吸い取ってしまうのです。

水分・油分が奪い取られた革は、いわばカサカサの状態に…。

革は人間の肌と同じように、適度な水分や油分が含まれていることでしなやかさや独特の風合いが表れます。

乾燥が進んだ革はしなやかさが失われ、硬く乾燥し、ひび割れたりしてしまうのです。

チリやホコリを革靴に付いたままにしておくと革の乾燥が進み、革が取り返しの付かないダメージを受けてしまいます。

長く革靴を履きたいのであれば、定期的なホコリ落としが必須なのです。

STEP3:革靴の汚れを落とす

靴磨き手順:STEP3「革靴の汚れを落とす」靴磨きの3工程目は汚れ落とし
start-polishing-shoes-2
STEP3で使う道具
  1. 靴クリーナー
  2. クロス

STEP3は革靴の汚れを落とすこと。

日々革靴を履いていると付着するのはホコリだけではありません。

水汚れ油汚れで革靴が汚れていきます。

チリやホコリはブラシがけで払い落とすことができますが、水汚れ等はブラッシングだけでは落としきるのは難しいです。

そのため、靴クリーナーを使って水汚れや油汚れを落とす必要があります。

水汚れ・油汚れを落とすことで革の風合いを美しい状態に保ち、保革クリームの革への浸透をうながすことができます。

step-3-cleaning-3

また、古い靴クリームは徐々に酸化して、革靴の色合いをそこねる原因にもなります。

靴クリーナーで革靴をクリーニングすることで汚れだけでなく、古い靴クリームも落として革靴をリフレッシュさせられます。

STEP4:革靴に靴クリームを塗る

靴磨き手順:STEP4「革靴に靴クリームを塗る」靴磨きの4工程目は革への栄養補給と補色
start-polishing-shoes-5
STEP4で使う道具
  1. 靴クリーム
  2. クリーム塗布用小型ブラシ
  3. 豚毛ブラシ

STEP4は靴クリームを塗ること。

革は段々と水分や油分が失われ、また、色あせが起こります。

いくらホコリを払い落とそうとも、汚れを落とそうとも、革が空気に触れている限り、遅かれ早かれ革の乾燥は進んでいくのです。

一路
一路
日々のブラッシングをすれば革の乾燥は大分遅くなりますけどね!

革の風合いを保つため、乾燥を防ぐために定期的に靴クリームを塗る必要があります。

革靴に靴クリームを塗ることで革に水分や油分を与えられ、革が乾燥せずに、いつまでもみずみずしい質感を保てるのです。

step-4-shoe-cream-9

ちなみに、有色の靴クリームを使えば、革の補色もできるので一石二鳥です。

靴クリームを塗った後は、豚毛ブラシでブラッシング。

step-4-shoe-cream-13

革にクリームをなじませ、保革効果を最大化します。

STEP5:革靴を磨き上げる

靴磨き手順:STEP5「革靴を磨き上げる」靴磨きの5工程目は磨き上げ
start-polishing-shoes-6
STEP5で使う道具
  1. クロス
  2. 山羊毛ブラシ(持っていると便利)

STEP5は革靴を磨き上げること。

靴クリームを塗った後は磨きクロス山羊毛ブラシを使ってツヤを与えてあげると、革靴の雰囲気がワンランクアップ。

step-5-polish-1

より美しい仕上がりになります。

靴クリームには光沢を与える成分が含まれているものが多くあり、磨くことで革靴が輝く作用があります。

磨きクロスでツヤを出す仕上げをするかしないかで、革靴の美しさが大きく変わるので磨き工程は大事。

靴磨きの醍醐味だいごみといえる作業でもあります。

毛先が細かく柔らかな山羊毛ブラシを使うと、革靴の輝きがより一層有機的で美しい仕上がりとなるため、磨きクロスとの併用がオススメです。

また、磨き上げる工程には余分な靴クリームを革靴上に残さない、拭き上げの意味合いも含みます。

革靴の仕上がりを満足度の高いものにしたい方には、ぜひオススメしたい作業が磨き工程です。

STEP6:革靴をハイシャインに仕上げる

靴磨き手順:STEP6「革靴をハイシャインに仕上げる」靴磨きの6工程目は鏡面仕上げ
start-polishing-shoes-1
STEP6で使う道具
  1. 靴用ワックス
  2. 磨きクロス
  3. ハンドラップ

STEP6は革靴をハイシャインに仕上げる工程です。

ハイシャインとは、革靴に鏡のような光沢を与える手法。

鏡面仕上げとも言われ、革靴をドレッシーでエレガントなよそおいに仕上げることができます。

ハイシャイン仕上げは靴クリームを磨いただけのツヤとは明らかに質の異なるもので、周囲の景色が革靴に写りこむほどの光沢を放つようになります。

step-6-high-shine-24

ハイシャインは革靴に靴用ワックスを塗り、磨き上げることで表れます。

美しいツヤが出ますが、技術的に少しハードルが高く、初心者の方だと上手くハイシャイン仕上げができないこともあるかもしれません。

ですが、ある程度回数をこなすことで、誰しもがハイシャイン仕上げを楽しむことができるようになります。

自らの技術の向上を体験できるのもハイシャイン仕上げの醍醐味だいごみです。

ハイシャイン仕上げをする方がいらっしゃる一方で、ほどこさない方もいらっしゃいます。

革靴の雰囲気や気分、その革靴を履くTPOによってハイシャインの有無を使い分けると、シューライフがより充実することでしょう。

靴磨きと一緒にしたい!靴の内側と底のお手入れ

靴磨きをすると、アッパー(甲革)を美しく良好なコンディションに保てます。

ですが、革靴の部位はそれだけではありませんよね?

  • 靴の内側(ライニング)
  • 靴底(ソール)

も革靴の一部です。

甲革と同様、お手入れしてあげれば長く愛用できます。

部位ごとに適したケア方法があるので、お気に入りの一足をより良い状態で楽しみましょう。

靴磨きのよくある質問|Q&A

この項目では、靴磨きに関連したよくある質問と回答をまとめました。

  • 靴磨きにはどんな道具を使う?
  • 初心者でも靴磨きできる?
  • 買ったばかりの革靴に靴磨きは必要?
  • 靴磨きの頻度はどのくらい?
一路
一路
上記の疑問に回答していきます!

靴磨きにはどんな道具を使う?

靴磨きにはどんな道具を使う?

ブラシ、靴クリーム、クロスなどです。

上のボックスをクリックすると回答が見れます。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
6つのステップで靴磨きをするのは分かったけど、道具が沢山ありすぎてどれを使ったら良いのかさっぱり…

という方は、自分がしたい靴磨きをイメージしてみると良いです。

  • 革靴をエレガントな見た目にしたいのか
  • キッチリ汚れを落としたいのか
  • 革に栄養を与えたいのか

などなど。

みずからの望む革靴の姿がどのようなものかで、適した道具が変わってきます。

一路
一路
以下の記事たちを参考に、靴磨き道具を選んでみて下さい!
クリックで開きます

靴磨きに使う道具は必須のアイテムから、持っていると便利な道具まで、多種多様です。

その中で、革靴のコンディションを良好に保つ上で必須といえるのが以下の道具。

  • シューキーパー
  • 馬毛ブラシ
  • 靴クリーム
  • クリーム塗布用ブラシ
  • 磨きクロス

まずは上記の道具を揃え、

  • より良い仕上がりにしたい
  • より効率的に磨きたい

と思ったら、各シューケア用品メーカーで販売されている靴磨き道具をチェックするのをオススメします。

初心者でも靴磨きできる?

初心者でも靴磨きできる?

もちろんできます。先ほどご紹介したSTEPごとの手順を追って靴を磨いてみてください。どんな道具を使って良いのか分からない人は「靴磨きセット」を活用するのがオススメです。

上のボックスをクリックすると回答が見れます。

初心者の人にとって、靴磨きのハードルは高そうに見えるかもしれません。

何をすれば良いのか分からない

靴磨きに限らず、なにごとも最初は不安です。

ですが、靴磨きは初心者の人でも簡単にできる手軽な作業。

道具さえ揃えれば、はじめてでも革靴のコンディションを整え、美しく仕上げられます。

鏡面磨きに限ってはポイントを押さえた磨き方が必要ですが、それ以外の汚れ落としや革への栄養補給はなにも難しいことはありません。

  • どんな道具を揃えれば良いのか分からない
  • 種類がありすぎて靴磨き道具が選べない

という人は、靴磨き道具が一気にそろう「靴磨きセット」もありますので、ぜひ活用してみてください。

買ったばかりの革靴に靴磨きは必要?

買ったばかりの革靴に靴磨きは必要?

革が乾燥しているかもしれません。潤いと油分を補給するため、買ったばかりでも靴を磨きましょう。

上のボックスをクリックすると回答が見れます。

靴磨きは、革靴を履き込んだときや汚れたときだけ実施すれば良いかというと、そうではありません。

購入したばかりの革靴でも靴磨きするのを推奨します。

というのも、買う前の革靴は、一定期間お店で保管されていた状態です。

保管期間が短いかもしれないし、長いかもしれません。

つまり、作られてからどれだけの時間がっているかが分からないことがほとんど。

もしかしたら、革から潤いや栄養が抜け、乾燥が進んでいるかも…。

革が乾いていると、しなやかさが失われているため、いざ靴を履いたときに履きジワが深く刻まれ過ぎて美しさをそこなう原因になります。

きれいな履きジワを入れるためには、革がモチモチとした健全な状態に保っておけなければなりません。

買ったばかりの革靴をすぐに履きたい気持ちを抑え、履き下ろす前のプレメンテナンスをすれば、お気に入りの1足を美しい状態で末永く楽しめます。

一路
一路
履き下ろす前の靴磨き、ぜひ実践してみてください!

靴磨きの頻度はどのくらい?

靴磨きをする頻度はどのくらい?

シューキーパーでの形状維持と馬毛ブラシでのホコリ落としさえしていれば「磨きたいときに磨く」でOKです。

上のボックスをクリックすると回答が見れます。

靴磨きをしていると、

どのくらいの頻度でやれば良いのか?

誰しもが一度は疑問を持つはず。

個人的に、靴磨きを含む革靴のケアは、

  • シューキーパーを使うこと
  • ホコリ落とすこと

上記を徹底すれば、磨きたいときに磨くでOKと感じます。

履き終わったらシューキーパーを入れ、ホコリを落とすブラッシングを欠かさずしていれば、革靴は長く愛用できます。

  • 定期的にやらなきゃいけない!

ではなく、

  • 気が向いたら磨く

という心持ちの方が、結果として革靴と末永く付き合っていけますよ。

一路
一路
気負わず、気楽に革靴と向き合うのが大事です!

靴を磨いてお気に入りの1足を大事に履こう

本記事では、靴磨きの工程を6ステップに分けてご紹介しました。

靴磨きを始める以前に、革靴のコンディションを良好に保つためのシューキーパーを利用することは極めて重要。

また、ホコリと汚れを落として革の風合いを守り、保革クリームで革を保護する、といったように、一口に靴磨きといっても多くの工程があります。

革靴を磨き上げてツヤを出したり、ワックスで鏡面のような輝きを与えたりして、美しさを向上させるのも靴磨きの楽しみの一つです。

靴磨きの各工程の必要性や意味を理解すれば、靴磨きがより楽しく有意義になること必至です。

一路
一路
ぜひとも各工程を楽しんでみてください!

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました。

クリックで開きます
靴磨き手順各工程の詳細を見る
step-1-shoe-keeper-10
【靴磨き手順STEP1】シューキーパーで革靴の形状を維持する【シューズを美しい状態で保つ方法】靴磨きを始めようと思ったそこのあなた!まずは革靴にシューキーパー(シューツリー)を入れましょう。靴用ハンガーともいうべきシューキーパーは、靴の型崩れを防止してくれる優れもの。お気に入りのシューズをいつまでもきれいな状態に保つため、シューキーパーを利用するのはシューケアの基本です!...
step-2-brushing-5
【靴磨き手順STEP2】ブラッシングで革靴のホコリを落とす【革の乾燥を防止する方法】靴磨きの手順を解説しています。この記事では革靴のホコリ落としの必要性とその方法を図付きで説明しています。馬毛ブラシでチリやホコリを払い落として革の乾燥を防ぎましょう!...
step-3-cleaning-1
【靴磨き手順STEP3】靴クリーナーで革靴の汚れを取り除く【革の風合いを維持する方法】靴磨き手順のうちの革靴の汚れ落としについて、その必要性と方法を解説した記事です。革靴の汚れを放置すると美しさをそこなうだけでなく、革の呼吸を妨げられカビの発生や革自体の劣化を引き起こすことになりかねません。靴クリーナーを使って靴の汚れをしっかり落とし、お気に入りのシューズをベストコンディションに保ちましょう!...
step-4-shoe-cream-1
【靴磨き手順STEP4】革靴を靴クリームで保革する【栄養補給と補色効果あり】革靴はだんだんと乾燥し、硬くなっていきます。そうなると革がひび割れたりシワが入ったりして、最悪の結果を招くことになりかねません。靴クリームを塗ってしっかりと水分・油分を与えてあげることが革靴と長く付き合っていくコツです。この記事では潤いと栄養を補給して革靴を守るための方法をご紹介しています。...
step-5-polish-11
【靴磨き手順STEP5】磨きクロスと山羊毛ブラシで革靴を磨き上げる【ツヤを出して印象アップ】靴磨き手順のうち、革靴を磨き上げる工程の必要性とその方法について解説した記事です。磨きクロスや山羊毛ブラシで革にツヤを与えると、革の美しさを最大限引き出せます。革靴をより美しく仕上げたい方はぜひご覧ください!...
step-6-high-shine-12
【靴磨き手順STEP6】ハイシャイン仕上げで革靴をより美しく【鏡のような輝きを与える方法】ミラーシャインや鏡面仕上げとも呼ばれる、「ハイシャイン」を革靴に施す意味と方法を解説しています。鏡面磨きをしてみたいけど、やり方や使う道具が分からない…。そんな方はぜひともこの記事をご覧ください!...

靴磨き・シューケアに関する記事を見る

shoe-shine-summary-7
【牛・馬・ガラス・オイルド】革の種類別に靴磨き手法を解説!特徴に合わせたケアを一言で「革靴の磨き方」と言っても、革の種類によって靴磨きの手法は少し変わってきます。革の性質によって適したケア方法は違うもの。革種別に靴磨き方法をまとめました。カーフレザーにガラスレザー、コードバンとオイルドレザー。番外編として、革靴の洗い方もご紹介しています!...
5-shoeshine-goods-1
【初心者必見】靴磨き用品おすすめ5選!最低限革靴メンテに必要なのは?靴磨きを始めたいけど、まず何が必要なの?その疑問にお答えします。とりあえず揃えておきたいシューケアアイテムは馬毛ブラシ・シューキーパー・靴クリーム・クリーム塗布用ブラシ・磨きクロスの5つです。なぜ、僕がそれらの道具を選んだのか、どんな効果があるのかを本記事内でご紹介します。...
shoe-polisher-beautiful-1
【4選】革靴をきれいにするオススメ靴磨き道具一覧【選び方のポイントは?】 革靴に愛着があればあるほど、上記の思いは強いはず。 革靴は履き続けるうちに汚れていくため、だんだんとみすぼらしくな...
care-each-part-leather-shoes-1
【革靴の部位別お手入れ方法】外側・内側・靴底のケアを解説!【トータルメンテ】普段から革靴のお手入れをされている方!革靴の外側だけのケアになっていませんか?確かに靴磨きのメインステージは甲革、つまり「アッパー」です。ですが、革靴にはそれ以外の部位もありますよね?そう!「靴の内側」や「靴底」です。それらの部位も含めた総合的なメンテナンスをしてあげれば、革靴がもっと長持ちしますよ!この記事では革靴の外側・内側・靴底のお手入れ方法をまとめています。...
remove-mud-stain-shoes-1
泥汚れがひどい靴をピカピカの状態に!赤土をごっそり落とす方法を解説します泥だらけの靴、赤土が付いたスニーカーをきれいにする方法をご紹介した記事です。最低限の道具を使い、10分程度でキッチリきれいにできます。靴が汚れるのを恐れず、ガシガシ履くためには定期的なお手入れが大事。シューズクリーニングで快適なシューライフを!...
tool-box-16
工具箱でシューケア用品をスッキリ収納・整理!【靴磨きボックス代替】靴磨きで使うシューケア用品、かさばって困っていませんか?この記事ではブラシや靴クリームを整理整頓するための収納ボックスをご紹介しています。専用の靴磨きボックスは高級感があるものの、価格が高いのがネック。工具箱を使えば手ごろな値段で靴磨き用品をまとめて収納することができます。靴磨きボックスの代替としての工具箱、おすすめです!...
recommend-leather-shoes-1
カジュアル革靴おすすめ7選!ガシガシ履けるレザーシューズ【レビューまとめ】冠婚葬祭やビジネスの印象が強い革靴。ですが、革靴にはカジュアルシーンでも大活躍してくれるポテンシャルがあります。革の丈夫さやフォーマル・カジュアルのバランスの取れた雰囲気は日常の様々なシーンで活躍する可能性を秘めているのです。革靴をシーン別に履き分ければ、休日のシューズライフが充実!普段からスニーカーしか履かないという方にはぜひご覧ください。...
shoe-shine-set-1
【靴磨きセットおすすめ5選】選び方は?買うだけですぐにシューケアできる靴磨きを始めたいけど、何を買えば良いの?とお悩みの方にピッタリなのが靴磨きセット。必要な道具が全て揃うので、気軽に靴磨きを始められますよ。靴磨きセットの選び方とオススメのセットをご紹介した記事です。...
靴磨きに使う道具まとめ
靴磨きに使う道具一覧図靴磨きが捗るシューケアアイテムたち

革靴のお手入れに使う道具にはどんなものがあるの?
靴クリームやワックス、ブラシなど。
靴磨きを楽しむために必要な道具や持っていると便利なアイテムをご紹介します。

靴磨きの道具のレビューをまとめた記事を見る