靴磨き

【靴磨き道具の使用感レビューまとめ】おすすめの革靴メンテ用品は?【総数80以上】

shoe-care-goods-summary-1
  • 靴磨きをするにはどんな道具を使うの?

そんな疑問をお持ちの方は、この記事をご覧いただければ解決します。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
靴磨きを楽しみたい!

そうはいっても、

  • どんな道具を使えば良いのかわからない…

という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方のために、僕が日ごろから使っている靴磨き用品たちをご紹介します。

ということで本記事では、靴磨きを楽しむ上で必須の道具はもちろん、あると便利なアイテムたちをまとめました。

一路
一路
靴磨きにご興味がある方はご覧になってみてください!
この記事はこんな方にオススメ
  • 靴磨きに使う道具が知りたい!
  • 靴磨きに使う道具の使ってみた様子やレビューを見たい!
  • 靴磨き用品一式をそろえたい!
  • 靴磨きに興味があるけど、何が必要?
クリックで開きます

靴磨きで使う道具一覧

靴磨きに使う道具一覧図靴磨きが捗るシューケアアイテムたち
通りすがりの御方
通りすがりの御方
靴磨きに使う道具ってたくさんあるなぁ…

って思う方は少なくないかと。

というか、僕がそうです。

僕自身、革靴を磨くことが好きで、ちまちまとシューケアグッズを買いそろえてきました。

いつの間にか、気付けば結構な数の道具が集まっていたのです。

今ではシューケアボックスに収まりきらないほどの靴磨き用品を所有しています。

改めて自分のシューケアグッズを見てみると中々どうして、多いです。

ただ、それらの道具はいずれも革靴を良い状態で保つためには必要な道具たち。

そして何よりも、

  • 靴磨きを楽しむ

ことをサポートしてくれる大事なグッズ。

シューラバーにとっては相棒といっても過言ではない存在たちです。

この記事では、そんなシューケアグッズをドバっとご紹介します。

ご紹介するシューケアグッズ
  • シューキーパー
  • 靴クリーナー
  • ブラシ
  • 靴クリーム
  • ワックス
  • クロス
  • オプショングッズ
一路
一路
いずれも靴磨きを、シューケアを、より楽しくしてくれる頼れるグッズですよ!

シューキーパー

shoe-care-goods-summary-8

シューキーパーは革靴を長く愛用するためには必須の道具。

シューツリーとも呼びます。

革靴を履いた後、そのまま脱ぎっぱなしにしておくと、履きジワが深く残り、革の風合いを著しくそこねてしまいます。

また、革の性質上、一日履いて汗を吸った革が乾燥するとき、縮みが起きます。

その際に革靴の型崩れが生じてしまうのです。

そんなトラブルを防いでくれるのがシューキーパー。

シューキーパーは、靴に入れておくことで、あたかも人が履いているかのように革靴の形状を美しく保ってくれるシューケアアイテム。

履いた後の革靴に入れておくだけで革靴の形を保持し、型崩れを防いでくれます。

  • 靴を脱いだ後にはシューキーパーを入れる
一路
一路
これを徹底するだけでも革靴の寿命を劇的に伸ばせますよ!

靴クリーナー

shoe-care-goods-summary-4

靴クリーナーは革靴の汚れを落とすための汚れ落とし用アイテム。

履いていくうちに徐々に汚れていく革靴。

水汚れや油汚れなど、外に出ると様々な汚れが靴に付いてしまいます。

靴に付いた汚れをそのままにしておくと、革の風合いがそこなわれ、なんだかみすぼらしい雰囲気に…。

足元に清潔感が感じられなくなってしまいます。

革靴をいつまでも美しくきれいな状態に保つためには、靴クリーナーで汚れを落としてあげることが重要です。

靴クリーナーは各シューケア用品ブランドから様々な種類が展開されており、大きく2通りに分類されます。

  • 汚れ落とし特化型
  • 汚れ落とし・保革両立型

汚れ落としに特化したクリーナー汚れ落としと革への栄養補給を同時に行える万能タイプのクリーナーがあります。

汚れ落とし特化型

汚れ落としに特化した靴クリーナーは、革靴の汚れをきっちり・しっかりと落としてくれます。

革靴に付いた水汚れ・油汚れ問わず、高い洗浄能力を持つのが強み。

シューワックスで鏡面をほどこした層ですら除去するほどの、強力な汚れ落とし効果を持つクリーナーもあり、頼もしい存在です。

しかし、強力な洗浄効果を持つクリーナーほど、革に必要な油分をも取り除いてしまう副作用があります。

靴クリーナーを使った後は、保革クリームでしっかりと栄養補給してあげましょう。

汚れ落としと保革両立型

一方、汚れ落としと保革を同時にできるハイブリッドタイプの靴クリーナーもあります。

汚れ落としに特化した靴クリーナーと比べ洗浄力こそ劣るものの、革への栄養補給効果があり、汚れを落としつつ保革ができる、一石二鳥のシューケアアイテムです。

  • 靴のお手入れをする時間がない…
  • サッと時短でシューケアを楽しみたい!

そんな方には、汚れ落としと保革が一度にできるタイプの靴クリーナーがオススメです。

ブラシ

shoe-care-goods-summary-3

ブラシは靴磨きの肝といっても過言ではない超重要アイテム。

ホコリを落としたり、靴クリームを塗り広げたり、ツヤを出したり…。

靴磨きの多くの工程で活躍してくれる欠かせない道具、それがブラシです。

ブラシには大きく6つの種類のブラシがあり、用途ごとに使い分けることで、その効果をいかんなく発揮します。

靴磨きに使うブラシの種類
  • 馬毛ブラシ
  • 豚毛ブラシ
  • 化繊ブラシ
  • 山羊毛ブラシ
  • 小型ブラシ
  • 起毛革用ブラシ

ブラシは使い続けることで靴に付いた靴クリームを吸収し、ブラシ掛けするだけで光沢が出るようになります。

ぞくに、「ブラシが育つ」という現象です。

育ったブラシでブラッシングした革靴は、深いツヤを放つようになり、美しさがアップ。

こだわりのブラシを使うと、靴磨きがより楽しくなります。

馬毛ブラシ

馬毛ブラシはホコリを落とすために大活躍するブラシ。

靴磨きに使うブラシの中でも、馬毛ブラシの重要性は一段高いです。

というのも、革靴に付いたホコリを払い落とすのはとても大事なことだから。

革靴は履いているとチリやホコリが付着します。

それらは革の水分や油分を吸い取ってしまうのです。

放っておくと、革内部に含まれている水分や油分まで吸収してしまい、革は乾燥状態に。

乾燥してしなやかさを失った革はシワが入りやすく、ひどいときにはクラック(ひび割れ)が発生することも…。

革を良好なコンディションに保つため、ホコリを払い落とすことが重要なのです。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
でも何で馬毛?
一路
一路
それはですね…

馬毛は毛先が細く、しなやか。

革靴の装飾部分やアッパーとコバの隙間など、かなところにまでしっかり毛先が入り込み、チリやホコリを払い落としてくれます。

馬毛はホコリを落とすためにピッタリなのです。

  • 帰宅して革靴を脱いだ後は馬毛ブラシでブラッシング

それだけでも、革靴の寿命は劇的に伸びます。

些細ささいなことですが、とても大事なことです。

革靴と末永く付き合っていくために、馬毛ブラシは欠かせない存在です。

豚毛ブラシ

豚毛ブラシは靴クリームを革へしっかりと浸透させると同時に、均一に塗り広げるために使います。

先ほどご紹介した馬毛ブラシに比べて毛が太く、硬い豚毛ブラシは、靴クリームを運ぶ力が強いのです。

そのため、靴クリームをアッパー全体に満遍まんべんなく塗り広げることが可能に。

靴クリームの塗りムラがなくなり、なめらかなツヤが表れます。

加えて、硬い毛先が持ち味の豚毛は靴クリームを革へ押し込める効果があり、革内部への浸透を促す効果も。

革の見栄えを整え、保革を助けるのが豚毛ブラシの役割です。

豚毛ブラシは靴クリームの色移りが激しいため、靴クリームの色ごとにそろえるのが吉。

靴クリームが付いたブラシで別の色の靴を磨くと、色移りして革の風合いがそこなわれます。

一路
一路
豚毛ブラシは複数の色に使い回さないようにしましょう!

化繊ブラシ

化繊ブラシは比較的硬めの毛先を持つシューケアブラシ。

硬さとしては豚毛と同じくらいで、豚毛ブラシと同じ用途で使えます。

化学繊維のため静電気が発生しやすかったり、人工物ゆえのデメリットがあるものの、安価なのが特徴。

コスパの良いブラシです。

山羊毛ブラシ

革靴の美しさをワンランクもツーランクも引き上げてくれる山羊毛ブラシ

山羊毛でブラッシングした革は、濡れ感のある強い光沢を放ちます。

一路
一路
仕上げの工程で使うブラシです!

山羊毛は馬毛以上に細く、しなやか。

フワッフワの感触です。

繊細な山羊毛が革靴上の靴クリームやワックスをミクロレベルでならし、光を反射するほどのフラットな面を作り上げるのです。

山羊毛ブラシは革靴の美しさを引き上げるための道具で、革のコンディションを保つための必須道具ではありません。

しかし、持っていると靴磨きが楽しくなる道具です。

美しい革靴にうっとり見とれたい方はぜひとも使ってみてください。

小型ブラシ

shoe-care-goods-summary-7

小型ブラシは靴クリームを塗るときに重宝します。

ブラシ面が小さいため、靴の細かなところにも塗り残しなくクリームを塗れます。

小回りがくメリットもあり、ハンドリング性が良いのが特長です。

しかも、持ち手が付いていて手を汚さずにクリームを塗れる優れもの。

山羊毛ブラシと同様に、靴磨きに必須ではないけれど、持っているととても便利なブラシ。

それが小型ブラシです。

靴クリームを塗るという特性上、先ほどご紹介した豚毛ブラシと同じく、クリームの色の数だけそろえることをオススメします。

起毛革用ブラシ

革の種類にはスムースレザーだけでなく、表面の繊維を毛羽立たせた起毛革があります。

  • ヌバック
  • スエード
  • ベロア

上記の起毛革は、革の性質上、毛羽立った繊維の中にホコリが入り込みやすいです。

通常の馬毛ブラシではホコリをかきだせません。

起毛革のブラッシングには革の繊維を立たせながらホコリをかき出すために反発力の強いブラシを使う必要があります。

そこで活用したいのが真鍮しんちゅう製のワイヤーブラシやコシの強い豚毛ブラシです。

起毛革であっても、通常の革靴と同様に、日々のホコリ落としは欠かせません。

起毛革の中に埋もれたホコリをかき出せるブラシをゲットしましょう。

靴クリーム

shoe-care-goods-summary-6

靴クリームは革靴に栄養を与えて革の状態を良好に保つために使うケアクリームです。

また、ツヤ出し効果があるため、革靴をよりエレガントな雰囲気へと導いてくれます。

靴クリームには無色有色があり、前者はどんな色の革にも使えるユーティリティさ、後者は色あせ箇所を補色し、革の風合いを保つ効果があります。

靴クリームを定期的に塗ることで、1年後、2年後の革靴の雰囲気は大きく変わってきます。

靴クリームを使ってお手入れし続けた革は、使っていないときとは比べ物にならないほど美しく、味わい深い風合いに変化することでしょう。

そんな靴クリーム、大きく2つの種類に分けられます。

靴クリームの種類
  • 乳化性クリーム
  • 油性クリーム

2種類の靴クリームの違いは水分含有量。

水分が含まれているか、油分のみで構成されているかの違いです。

配合されている成分や配合比が異なる乳化性クリームと油性クリームでは、当然仕上がりが異なります。

いずれでも靴磨きはできますが、使い分け方として、

  • 乳化性クリーム:革のコンディションを整えたいとき
  • 油性クリーム:革靴の見栄えを美しくしたいとき

がオススメです。

一路
一路
以下の項目で解説しますね!

乳化性クリーム

乳化性クリームは水分が含まれている靴クリームです。

水・油分・油脂などが配合され、革のコンディションを整える上で重要な水分と油分がそれぞれ配合されています。

乳化性クリームは潤いと栄養をバランス良く与えることに優れる靴クリームです。

油性クリームに比べてツヤは控えめ。

ツヤを出さず、革本来の風合いを楽しみたい方にもオススメなのが乳化性クリームです。

油性クリーム

乳化性クリームとは異なり、油性クリームには水が含まれていません。

油性クリームは油分・油脂が主成分。

ロウ分も多め。

そのため、革への潤い補給効果は乳化性クリームに劣ります。

しかし、油性クリームは革の上にしっかりととどまり油膜を形成。

それがツヤを放ちます。

乳化性クリームでは得られない鋭い光沢です。

油性クリームは見栄えを良くする効果がより大きく、乳化性クリーム以上にエレガントな仕上がりに。

一路
一路
高級感ある雰囲気を演出したい方にオススメなのが油性クリームですね!

ワックス

shoe-care-goods-summary-5

靴用ワックスは革靴に強力な光沢を与え、きらびやかな雰囲気にしてくれる、ドレスアップアイテム。

油分を与える効果もありますが、メインの効果はツヤを与えることです。

靴用ワックスは先ほどご紹介した油性クリームよりも強い光沢付与効果があり、ワックスで磨いた靴は、あたかも鏡のように周囲の景色を反射するほど。

鏡面磨き」と言われる手法です。

そのメカニズムは革の凹凸をワックスがならし、表面が均一化。

それにより光が一定に反射するため、強いツヤが生まれるというわけ。

ワックスは革の上に油の層を作るため、革の水分調節機能を阻害しがちになるデメリットがあります。

たまにワックス層を落とし、革へ水分と油分を補給してあげることが重要です。

定期的なケアが必要ですが、ワックスによって生まれるツヤの美しさには、それ以上の価値があると感じます。

一路
一路
シューケアにワックスを取り入れれば革靴ライフがより楽しく・充実したものへと昇華されること間違いなしです!

クロス

shoe-care-goods-summary-10

シューケアにクロス(布)は必須アイテム。

  • 汚れを落とすとき
  • 靴クリームを塗る・拭き取るとき
  • 磨き上げるとき

いずれの場面でも使います。

  • 目の粗い・デコボコの生地は汚れを絡め取りやすい

一方で、

  • 目の細かい・表面が滑らかな生地は磨いて光沢が出やすい

といったように、それぞれ適した用途があります。

クロスを使い分ければ靴磨きがより効率的にできますし、革靴の仕上がりも良好に。

一路
一路
汚れ落としクロスや磨きクロスを駆使すれば満足度の高い靴磨きができますよ!

オプショングッズ

shoe-care-goods-summary-9

これまでにご紹介したシューケアアイテム以外にも靴磨きを効率的に、あるいはより楽しくしてくれるグッズもあります。

靴磨きをいろどる便利な道具がたくさんあります。

  • 今日はどのアイテムを使って靴を磨こうかな!?

なんて楽しみが増えます。

靴磨きが好きなゆえにシューケアコレクターとなる…。

一路
一路
それもまた一興です!

靴磨き道具が多すぎて選べない?まずは5つの道具から

通りすがりの御方
通りすがりの御方
靴磨き道具ってたくさんあるなぁ…
通りすがりの御方
通りすがりの御方
どれから手を付ければ良いのか、分からない…

なんて方は、まずは以下の5つの道具をそろえることから始めましょう。

  1. 馬毛ブラシ
  2. シューキーパー
  3. 靴クリーム
  4. クリーム塗布用ブラシ
  5. 磨き用クロス

最低限、上の5つの道具さえあれば、革靴のコンディションを良好な状態にキープできます。

一路
一路
まずは最低限の道具だけそろえ、段階的にシューケアグッズを充実させていくのも楽しいですよ!

道具を選ぶのが面倒ならシューケアセットがオススメ

通りすがりの御方
通りすがりの御方
ブラシや靴クリーム、ワックス…
通りすがりの御方
通りすがりの御方
たくさん種類があって、選ぶのさえ面倒だよ…

そんな方には、シューケアセットをオススメします。

シューケアセットなら、靴磨きに必要な道具があらかじめ揃った状態で購入できます。

選ぶ手間がはぶけるのです。

  • とりあえず靴磨きがどんなものかを体験したい
  • 気軽にシューケアしたい

そんな方は、ぜひチェックしてみて下さい。

靴磨き道具を比較してみた

靴磨き道具は色々と種類があります。

それぞれ特徴があるシューケアアイテム。

特性や価格はもちろん違うのですが…。

個性がある道具たちを比較してみると、使い勝手や革靴の仕上がりが違うので面白いですよ。

クリックで開きます
靴磨きアイテム比較記事を見る
shoe-keeper-33
【シューキーパー8種比較】おすすめの形と選び方を解説!何が違う?【シューツリー】シューキーパーには様々な種類があります。それぞれ機能や価格も違いますから、ご自分の使い方に合ったシューツリーを選びましょう。...
shoe-keeper-size-comparison-1
シューキーパーのサイズが分からない?コロニルのS・Mサイズを比較シューキーパーのサイズ選びが難しい…。買い物に失敗したくないという人へ向け、シューキーパーのサイズ比較をします。コロニルのシューキーパーはS・M・Lの3サイズ展開。各サイズで靴の適用サイズに幅があるため、「サイズが合わなかった…」という失敗が少ないです。この記事では、同じサイズの革靴にSサイズとMサイズを投入してフィッティングの違いを比較しました。...
boot-black-brush-type-2
ブートブラックの馬毛・豚毛・山羊毛のブラシ3種を並べて比較してみるブートブラック(Boot Black)の馬毛・豚毛・山羊毛の3種類のブラシを並べて満足する記事です。ついでにそれぞれのブラシの比較もしています。決して安いとは言えない靴磨きブラシですが、所有する喜びと使う楽しみがあることは間違いなし。もちろん、実用性も完璧です!...
shoe-cleaner-summary-1
【おすすめ靴クリーナー5種類を比較】目的に応じて選ぶべき革靴用汚れ落とし靴クリーナーってたくさんあって何を使ったら良いか迷う…。そんな方はこの記事をご覧ください。5つの靴クリーナーの特長を比較しつつ、まとめています。ご自身に合ったクリーナーを選ぶ参考にしてもらえれば幸いです。...
mowbray-cleaner-1
ステインリムーバーとステインクレンジングウォーターを比較【汚れ落ちの違いは?】M.モゥブレィブランドの2種の靴クリーナーを比較した記事です。高コスパで高い洗浄力を持つステインリムーバーと、革に優しく革靴のみならず革製品全般に使えるステインクレンジングウォーター。それぞれの特徴と使用感を比べています。クリーナー選びの参考にどうぞ!...
compare-boot-black-cleaner-22
ブートブラックの靴クリーナーを比較!レザーローションとツーフェイスプラスローションは何が違う?ブートブラックにラインナップされている2つの靴クリーナー、「レザーローション」と「ツーフェイスプラスローション」。同じブランドなのになぜクリーナーが1種類ではないのか、それには理由があります。この記事では実際の使用感を踏まえつつ、2つのクリーナーの違いについて書いています。...
shoe-cream-microscope-12
【こんな違いが】靴クリーム4種類を顕微鏡で観察!比較で特徴が見えてきた?靴クリームには多くの種類がありますが、違いってあるのでしょうか?そんな疑問を検証するべく、顕微鏡で4種の靴クリームを観察しました。すると、驚くべき結果が!同じように見えても、ミクロな世界では全く異なる状態を持つことが判明しました。得られる効果が違うのも納得です!...
【靴磨き用ワックスを比較】サフィールとサフィールノワールの違いを検証サフィールとサフィールノワールのワックスって何が違うの?って事で、数ある靴磨き用ワックスの中で不動の立ち位置を確立している、サフィールブランドの2種類のワックスを比較しました。実際に使用して感触や磨き後の革靴の仕上がりの様子をご覧下さい。比較に用いた革靴はスコッチグレインのカーフレザーを用いたアシュランスです。...
comparison-primer-wax-1
【検証】ハイシャインプライマーと通常のワックスを比較!透明感あるツヤが短時間で仕上がりますエムモゥブレィのハイシャインプライマーってホントに効果あるの?通常のワックスと違いがあるのか疑わしい…。なんて疑問をお持ちの方はこの記事をご覧ください。ハイシャインプライマーと一般的なワックスで磨いた仕上がりの違いを比較・検証しています。結論、透明感のある美しいツヤが短時間で得られますよ。...
comparison-mirror-gloss-bead-wax-1
【ハイシャイン比較】ミラーグロスとビーズワックスポリッシュで鏡面に違いが出るのか?【サフィールノワール】サフィールノワールのミラーグロスは革靴を手軽にハイシャイン(鏡面)仕上げにできる靴用ワックス。実際の効果はそれほどなのか!?ということで、鏡面の作りやすさを、愛用者が多い同ラインのビーズワックスポリッシュと比べてみました。その結果、ミラーグロスは短い時間で革靴に光沢を与えられる、初心者にもオススメのシューポリッシュであることがわかりました!...
compare-wax-mowbray-noir-1
【違いを解説】ハイシャインワックスとビーズワックスポリッシュを比較【モゥブレィとサフィールノワール】靴用ワックスのハイシャインワックスとビーズワックスポリッシュは何が違うのか、検証した記事です。結論、どちらも強い輝きを与える効果は申し分なし。ただ、使いやすさと価格が異なります。自分に合ったシューポリッシュ選びの参考にしてみて下さい。...
edge-care-summary-1
【コバ用ケアアイテム3選】革靴のエッジをきれいにする道具を比較【おすすめは?】コバがきれいだと革靴の見た目が洗練されます。色あせが起こりやすく、細かな傷が付きやすいコバは、定期的に補色して美しく保ちましょう。各シューケア用品メーカーでそれぞれ特徴あるコバ用補色剤を販売しているので、自分好みの道具を選んでみてください。...

シューケアブランドごとの道具まとめ

シューケアアイテムは各ブランドで特徴を持っています。

使いやすさ、コスパ、仕上がりなどなど…。

一路
一路
お気に入りのブランドが見つかると、靴磨きの気分がますます上がりますよ!
クリックで開きます
シューケアブランドアイテムのまとめ
boot-black-1
【ブートブラックのケア用品16選】レビューと使い方まとめ!使用感を解説僕が普段から愛用しているブートブラック(Boot Black)のケア用品たちの詳細レビューと使用感についてまとめた記事です。ブラシ・クリーナー・クリームなどを一挙紹介。「ブートブラックのケア用品でお手入れしたら、どんな仕上がりになる?」「特にオススメのケアアイテムは何?」気になる方はぜひご覧ください!...
m-mowbray-1
【エムモゥブレィ】ケア用品20選レビューまとめ!靴磨きエントリーブランドにおすすめ「エムモゥブレィのシューケア用品の詳細やレビューが気になる!」そんな方へ向け、僕が日頃から使っているM.MOWBRAYの各アイテムの使用感をまとめました。使用頻度高めの、特にオススメの道具もあわせてご紹介します。靴クリーナーや栄養クリーム、ブラシに磨きクロスなど…。M.モゥブレィの靴磨き用品が気になる方はご覧になってみてください!...
saphir-noir-1
【サフィールノワールのケア用品11選】使用感レビューまとめ!使い心地と仕上がりは?「サフィールノワール(SAPHIR NOIR)にはどんなアイテムがあるの?」「使ってみた感想が知りたい!」という方は、この記事をチェック!僕が日頃から愛用している道具について、詳細と使用感レビューをまとめました。上質ゆえに価格は高めのサフィールノワールですが、それ以上の満足感が得られる高コスパのレザーケアブランドです。オススメアイテムと合わせてご覧ください!...
saphir-1
【サフィールのケア用品8種類レビューまとめ】手軽に使えて初心者にもおすすめ「サフィール(SAPHIR)の製品ってどんなものがあるの?」「実際に使ってみた感触は?」知りたい方はこの記事をご覧ください。使ってみた使用感を商品詳細とともにレビューした記事をまとめました。ブラシやクリーナー、保革クリームなど、靴磨き好きの僕が愛用しているアイテムたちをご紹介していますよ!...

こだわりの道具は靴磨きを充実させてくれる

shoe-care-goods-summary-2

本記事では、靴磨きに使う道具について用途ごとにまとめました。

靴磨きをするために必須の道具や、あると便利な道具、様々なシューケア用品があります。

靴磨きに興味を持ったばかりの方の中には、

  • どんな道具をそろえたら良いのかわからない…

という方もいらっしゃるかもしれません。

一路
一路
この記事が参考になれば嬉しいです!

シューケアアイテムの数だけ革靴の仕上がりは変わり、得られる楽しさや満足感もまた変わります。

いろいろなシューケアアイテムを駆使して靴磨きを楽しみましょう。

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

クリックで開きます

靴磨きの道具まとめ|気になる記事を読んでみる

以下の各項目をクリックすると開きます。

シューキーパーの詳細記事一覧
革靴の型崩れって防げないの?いえ!シューキーパーで予防できます【シューツリー】お気に入りの靴、なんだかくたびれて見えていませんか。それって。シューキーパーを使っていないからかもしれません。シューキーパーを使うことで靴のしわが伸び、型崩れを防ぐことが出来ます。靴を長く履きたいのであればシューキーパーは必須です!...
スレイプニルのシューツリーはレッドウィングのワークブーツにピッタリ!【革靴管理】革靴を保管する際に使用するシューツリーですが、革靴の形にあっていないものを使ってしまうとその効果は半減してしまいます。レッドウィングのワークブーツに使用しているシューツリーの型が靴と合っていない気がしたので、今回、スレイプニル(Sleipnir)のシューツリー、「トラディショナルモデル」を購入しました。それぞれの革靴に合ったシューキーパーを使用して靴の寿命を延ばしましょう!...
aromatic-cedar-shoe-tree-1
【コロニル】アロマティックシダーシューツリーをレビュー!革靴の型崩れを予防【イヤなニオイ防止】コロニル(Collonil)のアロマティックシダーシューツリーは革靴保管には欠かせないシューケアアイテム。履き終わった後の革靴に入れれば革のシワを伸ばし、靴の反りを解消できます。シングルチューブタイプのシューキーパーなのでテンションが均一に加わり、型崩れを防止する効果が高いです。シダーの吸湿・防臭作用が靴内部の環境を整え、カビや嫌なニオイを抑える働きもあり。お気に入りの靴を守るため、活用したいシューツリーですよ!...
diplomat-ceder-shoe-tree-1
ディプロマットシダーシューツリーをレビュー!丸みのある外羽根靴におすすめディプロマットシダーシューツリーは丸みを帯びた形状の革靴に適したシューキーパー。型崩れを予防します。革靴にたまった足の汗をシダーが吸収しカビの発生を防げるため、ニオイも解消。レザーシューズの保管に欠かせないシューツリーの詳細をご紹介した記事です。...
sarto-recamier-shoe-tree-1
サルトレカミエのSR300EXレビュー!高級感タップリのシューツリー末永く愛用したいお気に入りの革靴だからこそ、良質なシューキーパーを使って型崩れやカビの発生を防ぎましょう。サルトレカミエのSR300EXはネジ式のシューキーパーでサイズの微調節が簡単。手軽に自分の革靴とサイズを合わせられます。ブナ材の高級感あふれ、所有する喜びを感じる、高コスパで満足度の高い逸品ですよ!...

靴クリーナーの詳細記事一覧
stain-remover-1
M.モゥブレィのステインリムーバーをレビュー!革靴用クリーナーの使い方を解説エムモウブレィのステインリムーバーは高い洗浄力を持つ靴用クリーナー。革靴の汚れをきっちり落とせるにもかかわらず、革に優しい特徴を持つため、シューケア初心者でも扱いやすいクリーナーです。この記事では、ステインリムーバーの詳細と使い方をご紹介します。...
hands-mowbray-shoe-cleaner-1
東急ハンズ×エム・モゥブレィのシュークリーナーをレビュー!シューケアマイスター監修の革靴用汚れ落とし東急ハンズとエム・モゥブレィがコラボレーションして生まれた「シュークリーナー」をレビューします。褐色のガラス瓶が高級感をまとう、上質なシューケアアイテム。ハンズのシューケアマイスターが監修した、使いやすさと確かな洗浄作用を持つこだわりの革靴用汚れ落としです。実際にお手入れに使った様子もご覧ください!...
reno-mat-3
【レビュー】レノマットリムーバーの強力な洗浄効果を体感!【失敗しない使い方】レノマットリムーバーは強力な洗浄効果の革用クリーナー。強い洗浄力を持つがゆえに革を傷めてしまう可能性もありますが、使用方法に気を付けてさえいれば、トラブルは起きません。この記事では、レノマットリムーバー使用時の注意点と、実際に革靴のワックス層を落とす様子をご紹介します。...
two-face-lotion-2
ツーフェイスローションの使い方と効果とは?【ブートブラックシルバーライン】革靴を磨く前に行うべき「汚れ落とし」。ブートブラックシルバーラインのツーフェイスローションは靴に付いた油汚れと水汚れを同時に除去できる優秀なハイブリッド靴クリーナー。汚れを落とせば、美しさを維持し靴クリームの革への浸透性を高める効果が期待できますよ!...
two-face-plus-lotion-9
ツーフェイスプラスローションをレビュー!革靴の汚れを効率的に取り除くクリーナー革靴の汚れ落とし、おろそかになっていませんか?きれいな状態を保つため、クリーナーで靴をリフレッシュさせましょう。ブートブラックのツーフェイスプラスローションは水汚れと油汚れを同時に除去可能な2層式の液体クリーナー。確かな洗浄効果が期待できる、おすすめの汚れ落とし用シューケアグッズです!...
leather-lotion-1
【Boot Blackのレザーローションをレビュー】革に優しい靴クリーナーシューケア用品ブランドのBoot Black(ブートブラック)のレザーローションは、革への負担が少ないマイルドな靴クリーナーです。洗浄力が強力なクリーナーは使い方を誤れば革靴を傷めてしまう可能性も…。十分な汚れ落とし効果がありつつも、保湿作用もある「レザーローション」で快適に靴磨きを楽しみましょう!...
leather-balm-lotion-2
レザーバームローションをレビュー!革靴の汚れ落とし・栄養補給・ツヤ出しが同時にできるオールラウンダー革製品のお手入れはたくさんの工程があって面倒?そんなあなたにおすすめなのが、サフィールノワール(SAPHIR NOIR)のレザーバームローション。クロスに付けて革を拭くだけで革の汚れ落とし・栄養補給・ツヤ出しが一挙に行える、万能ケアローションです。革製の財布やバッグ・靴など、革製品全般に使える守備範囲の広さも魅力。この記事では靴磨きで使った様子をご紹介しつつ、詳細と使い心地をレビューします!...
cleaning-bar-4
消しゴムタイプの革用汚れ落とし!クリーニングバーの効果を検証【ブートブラック】消しゴムタイプの革用クリーナーである、ブートブラック(Boot Black)のクリーニングバーの特徴と使い方をご紹介します。固形タイプのクリーニングバーは革をこするだけで汚れを落とせる優れもの。それぞれ成分の違う「ナチュラル」と「ホワイト」の2種類があり、汚れの種類によって使い分けられるのも魅力。液体クリーナーと組み合わせて、革靴の汚れ落としの幅を広げましょう!...
leatherian-lotion-1
レザリアンローションをレビュー!カビを防げる革用汚れ落とし【使い心地は?】革製品の汚れ落としに便利な「レザリアンローション」の詳細と使った感触についてレビューします。液状タイプでサラサラとした使いやすさ。そして、防カビ剤配合でカビ発生を未然に防げる優秀なレザークリーナーです。革靴・革製カバン、革財布など、レザーアイテム全般に使えるのでオススメです。...
collonil-delicate-cream-4
【コロニルのデリケートクリームをレビュー】革製品の汚れ落としに使えるマイルドクリーナー革製品の汚れ落としってどうされていますか?布で乾拭きしたりブラッシングして落ちる汚れは限られます。そんな時はコロニルのデリケートクリームを使いましょう。界面活性剤と有機溶剤のダブルの効果で汚れを落とす、優れもののクリームのご紹介記事です!...
quick-wipes-1
クイックワイプスの使用感レビュー!靴用ウェットシートで簡単汚れ落とし【革靴・スニーカーに】面倒な作業をせずに簡単に靴の汚れを落としたいなら、ジェイソンマークのクイックワイプスを使ってみてください。ウェットシートタイプのクリーニングアイテムで、靴を拭き取るだけで簡単に靴の汚れを落とせます。1枚ずつ個包装されているのでかさばらず、旅行や外出時に携帯するのに便利。使いたいときにサッと取り出して革靴やスニーカーの汚れ落としができますよ!...

ブラシの詳細記事一覧

馬毛ブラシ
polisher-hose-brush-5
【ポリッシャーホースヘアブラシをレビュー】持ちやすく使いやすい!サフィールの馬毛ブラシ使いやすい馬毛ブラシをお探しなら!サフィールのポリッシャーホースヘアブラシがオススメ。楕円の形をしたブラシなので、手にフィットしやすく使い心地抜群。快適に靴のお手入れができます。ブラシの詳細と実際に靴磨きに利用した様子を踏まえ、レビューしています。...
tokyu-hands-horsehair-brush-1
東急ハンズとコロンブスのコラボ馬毛ブラシをレビュー!大きくて持ちやすい【靴用ホコリ落とし】東急ハンズの馬毛ブラシの使い心地ってどう?この記事では「東急ハンズオリジナルクリーニングブラシ馬毛」の詳細と使用感をレビューしています。大きめサイズで持ちやすい、使い勝手抜群のブラシ。ホコリ落とし用のブラシが欲しい方、ズバリ「買い」です!...
boot-black-horsehair-brush-
ブートブラックのクリーニングブラシはホコリ落としに大活躍!江戸屋コラボの馬毛ブラシ靴磨きに使うブラシ、どんなものをお使いですか?ブートブラック(Boot Black)と老舗札網専門店の「江戸屋」のコラボレーションで生まれた馬毛ブラシは使い勝手抜群でデザインもスタイリッシュ!効率的に革靴の汚れを落とせて所有する喜びも得られます。そんな極上ブラシのご紹介記事です!...
豚毛ブラシ
boot-black-pig-brush-5
【ポリッシングブラシをレビュー】ブートブラックの豚毛ブラシをオイルドレザー靴に使う理由ブートブラックと江戸屋のコラボで誕生した「ポリッシングブラシ 豚毛」のご紹介記事です。僕はこの豚毛ブラシをオイルドレザーで作られた革靴に使用しています。その理由には冷静と情熱の間ならぬ価格と欲求のせめぎあいがあったのです。...
german-brush-5-1
【コロンブスの豚毛ブラシ】ジャーマンブラシ5をレビュー!コスパに優れ使いやすいサイズ感値段が安い豚毛ブラシをお探しならコロンブスのジャーマンブラシ5がおすすめ。手になじんで使いやすいサイズ感。かつ千円以下で買えるリーズナブルさ。複数本の購入にも適しています。コスパが良いのでシューケア初心者にもピッタリの靴磨き用豚毛ブラシです。...
bristol-polisher-brush-1
【ブリストルポリッシャーブラシをレビュー】高級感漂うサフィールノワールの豚毛ブラシSAPHIR NOIRの豚毛ブラシのご紹介記事です。コシのある豚毛と、木材の高級感漂いつつも使いやすさを兼ね備えた持ち手が使いやすいブリストルポリッシャーブラシ。靴磨きを楽しくするアイテムです。そんなブラシの詳細と使い方について書きました。...
bristle-handle-brush-4
【ブリストルハンドルブラシをレビュー】靴の手入れで手が汚れる?柄付きブラシで快適作業靴のお手入れでブラシを使うと手の汚れが気になりませんか?持ち手が付いたブラシなら手とブラシ部分に十分な距離があるため、手が汚れにくいです。サフィールノワールの「ブリストルハンドルブラシ」は柄付きの豚毛ブラシなので、靴クリームを塗り伸ばしたり、靴用洗剤を使うときの洗浄用ブラシとして使用可能。「靴のお手入れはしたいけど汚れるのはイヤ!」という方はぜひともお試しください。...
化繊ブラシ
pro-white-brush-1
【プロ・ホワイトブラシをレビュー】靴磨き用化繊ブラシは豚毛に比べコスパ良好豚毛ブラシの値段って高いなぁ…。もう少し安くなったら良いのに…。と感じている人はプロ・ホワイトブラシをチェック。化繊ブラシなのでお値段お手ごろ。それでいて硬めの毛がしっかりと靴クリームを塗り伸ばしてくれます。高コスパの靴磨きブラシをお探しの方は必見です。...
山羊毛ブラシ
finishing-brush-14
【フィニッシングブラシをレビュー】熊野筆の製法を採用!ブートブラックの高級仕上げブラシブートブラック(Boot Black)の山羊毛ブラシである「フィニッシングブラシ」を購入しました。化粧ブラシとしても有名な熊野筆の技法で作られたこの靴磨き仕上げ用ブラシは、山羊の産毛と馬の尾をふんだんに使った贅沢なブラシです。毛の密度も非常に高く、得られる革靴のツヤも期待できそう!今回はそんなブラシをご紹介!...
hands-delicate-brush-1
【コロンブス×東急ハンズ】デリケートブラシをレビュー!革靴にツヤを与える山羊毛ブラシコロンブスと東急ハンズの山羊毛ブラシの詳細が知りたい方はこの記事をチェック。デリケートブラシは使い勝手良く、革へツヤを与える効果が高い優れた山羊毛ブラシ。実際にブラッシングに使った様子と、使用前後での革靴の比較についてレビューした記事です。...
靴クリーム塗布用ブラシ
apply-brush-7
【アプライブラシの使用感レビュー】革靴の細かい部分に行き届く小型ブラシ手を汚さずに靴クリームを塗りたいなぁ…。そんな方にはサフィールのクリーム塗布用ブラシ「アプライブラシ」がオススメ。持ちやすい形状のアプライブラシは使いやすく、長方形に植え込まれたブラシ毛が革靴の細かい箇所にもしっかり入り込み、靴クリームを満遍なく行き渡らせることができます。シューケアのお供にどうぞ!...
cream-application-brush-4
【ペネトレィトブラシ】手を汚さずに靴クリームを均一に塗れる!おすすめ小型ブラシ【靴磨き用品】ペネトレイトブラシは靴磨きを快適にしてくれるシューケアグッズ。手を汚さずに靴クリームを塗れる小型ブラシです。革靴にまんべんなくクリームを塗りのばすこともできるので重宝します。ペネトレイトブラシをおすすめする理由とは!?...
application-brush-1
【コロニル】1909アプリケーションブラシをレビュー!馬毛小型ブラシを活用して快適靴磨き手を汚さずに靴磨きがしたい!デリケートな革にも使えるクリーム塗布用ブラシが欲しい!という人はコロニルの1909アプリケーションブラシを要チェック。馬毛のブラシは革への刺激が少なく、コードバンなどにも安心して使えます。持ち手にはくびれがあり、手にフィットしやすく快適な使用感。この記事では実際の靴磨きに利用した様子と合わせ、レビューしています。...
起毛革用ブラシ
suede-brush-c-5
【スエードブラシCのレビュー・使い方】起毛革のブラッシングに最適!金属とゴムのハイブリッドスエードやヌバック、ベロアのような起毛革のお手入れにはスエードブラシCがオススメ。起毛革に適した4種類の形状の異なるブラシが1本に収まった多機能ブラシ。この記事ではスエードブラシCの詳細と使い方について解説しています。起毛革のケアにお困りの方読んでみてください!...
suede-brush-1
【コロンブス×東急ハンズ】スエードブラシをレビュー!豚毛と馬毛で確実なホコリ落としコロンブスと東急ハンズのスエードブラシをレビューした記事です。内側の豚毛で起毛革の繊維を起こし、外側の馬毛で浮いたホコリを払い落す仕組みのブラシ。持ちやすく、大きすぎず小さすぎずな大きさで効率的なブラッシングができます。スエードやヌバック用のケアブラシを探している人は必見ですよ!...
splash-brush-1
ラテックス&スプラッシュブラシをレビュー!スエード・ヌバック用の汚れ落としにおすすめスエードやヌバックの起毛革の汚れを落としたい!それならばM.モゥブレィの「ラテックス&スプラッシュブラシ」をお使いください。発砲ゴムと天然ゴムの2つの面が起毛革に絡みついたホコリや汚れを落としてくれます。この記事では起毛革用汚れ落としブラシの詳細と使い方をご紹介しています。...
その他のブラシ
united-arrows-welt-brush-1
【コバ周りのケアに】ウェルトブラシは小回りが利いて便利なお手入れ道具ユナイテッドアローズのウェルトブラシをレビューした記事です。小回りの効く小さめブラシはコバ周辺の細々した箇所のお手入れにピッタリ。実際に使った様子を踏まえてその便利さを綴った記事です。...

靴クリームの詳細記事一覧
creme-saphir-11
【ド定番】クレム1925で靴を磨くとこんなに輝くの!?【SAPHIR NOIR】「靴磨きを始めたいけど靴クリームは何を使ったらよいのだろう?」、「おすすめは?」。その問いにはサフィールノワールのクレム1925とお答えします。革靴をどんな仕上がりにしたいかにもよりますが、クレム1925は多くの方が満足できるクリームであると思います。この記事ではクレム1925の詳細と実際の靴磨き方法をご紹介しますよ!...
shoe-cream-jar-3
【エムモゥブレィのシュークリームジャーをレビュー】定番の乳化性クリームは使い勝手抜群M.モウブレィのシュークリームジャーは使いやすく、手頃な価格の靴クリームです。乳化性ケアクリームなので革に浸透しやすく、革靴をしっかり保革できます。この記事ではシュークリームジャーの詳細と靴磨きに使った仕上がりについて書いています。...
aniline-calf-cream-1
【アニリンカーフクリームのレビュー】デリケートレザーのツヤ出しに!シミにならない革用クリーム【使い方】デリケートな革にシミを作らず、栄養とツヤを与えたい?そんな贅沢な要求に応えてくれるのがM.モウブレィの「アニリンカーフクリーム」です。ロウが多めに配合されたデリケートレザー用の保革クリームのため、繊細な革や淡い色の革にもシミを作らず、光沢を与えることができるのがアニリンカーフクリームです。この記事ではアニリンカーフクリームの詳細と使い方について書いています。...
delicate-cream-13
【デリケートクリームのレビュー・口コミ】ヌメ革にもシミを作らないケアクリーム【M.モゥブレィ】M.モウブレィの「デリケートクリーム」を実際に使ってみたレビュー記事です。革に潤いと栄養を補給してくれるデリケートクリームは、ラノリンオイルが配合されていることにより革への浸透性が抜群!革のシミや色ムラが生じにくいため、ヌメ革や薄い色の革にも安心して使えます。多くの種類がある保革クリームの中で何を使えばよいのか迷ったら、とりあえず選んでおいて間違いないケアクリームがデリケートクリームです。...
rich-moisture-9
【リッチモイスチャーのレビュー】買ったばかりの革靴をお手入れ【使い方を解説】購入直後の革靴のお手入れ方法のご紹介です。新しい靴、履きたいのはやまやまですが、その前にお手入れを行いましょう。買ったばかりの革靴は時間が経つことによる革の乾燥が生じているかも…。しっかり栄養を与えて保革を図りましょう。今回はブートブラックの「リッチモイスチャー」で革に潤いと栄養を与え、履き下ろしに備えます。...
boot-black-shoe-cream-1
【ブートブラックのシュークリームをレビュー】伸びよく塗りやすい靴用クリーム【Boot Black】ブートブラックのシュークリームで靴磨きをした様子をご紹介した記事です。実際の使用感や靴の仕上がりについて写真を添えてレビューしました。靴磨き用のクリームを探している方は参考にしてみてください!...
boot-black-white-cream-1
【ブートブラックシルバーライン】シュークリーム(ホワイト)で白革の美しさを復活させる方法ホワイトレザーの黄ばみが気になるサンダルをお手入れして、美しい白さを復活させる方法について書いた記事です。履き続けるうちに汚れて、そして黄ばんでくるホワイトレザーの靴たち…。ブートブラックシルバーラインのシュークリーム(ホワイト)で黄ばみを覆い隠せば、元のエレガントな雰囲気がよみがえります。作業手順を図で追いながらケアしていきますよ!...
renovator-cream-2
【レノベイタークリームをレビュー】ツヤ革に最適!サフィールノワールの保革クリーム【革靴以外にも使える】レノベイタークリームは革に潤いと栄養を与えるレザーケアクリームです。どんな特徴があるの?どうやって使うの?使用後の革の仕上がりはどんな感じ?といった疑問をお持ちの方はこの記事をご覧ください。レノベイタークリームの詳細と使った感触について書いています。...
cordovan-cream-5
【サフィールノワール】コードバンクリームをレビュー!馬革のお手入れに適したニートフットオイル入りサフィールノワールの「コードヴァンクリーム」は馬革(コードバン)のお手入れのために最適化された専用ケアクリームです。栄養が入りにくいコードバンのために浸透力の高いニートフットオイルを配合したことに加え、ビーズワックスによる光沢付与も抜かりなし。コードバンの革靴を愛用されている方は持っていて損はないクリームです。本記事ではコードヴァンクリームの詳細と実際に使ってみた様子について書いています。...
cordovan-cream-renovator-42
【コードバンクリームレノベイターをレビュー】馬革の靴は油分メインのクリームで磨こうコードバンの革靴を磨くときには油性クリームや水分が少なめの靴クリームを使うのが鉄板!M.モウブレィのコードバンクリームレノベイターは名前の通り、水気を嫌うコードバンにも安心して使える水分少なめのお手入れクリームです。ガラスレザーにも使えるほどの着色力と定着力を誇るこのクリームでオールデンの975の靴磨きを行います!...
how-to-use-artist-palette-1
気分は画家!アーティストパレットの使い方まとめ【革種を問わず靴磨きを楽しめる】靴磨きをもっと楽しみたい!そんなあなたにオススメなのがアーティストパレット。革靴をキャンバスに見立て、まさに芸術家のようにシューケアを堪能できます。カーフレザーはもちろん、コードバンやガラスレザー、オイルドレザーにいたるまで、様々な革種を上品に仕上げてくれる靴クリーム。この記事ではアーティストパレットの特長と革種ごとの使い方・実際に使った様子についてまとめています。...
supreme-cream-shoe-shine-1
【実践解説】1909シュプリームクリームデラックスで靴磨き!保革と光沢を一挙にゲット革靴の保革とツヤを同時にしたい!そんな方は1909シュプリームクリームデラックスでのお手入れがオススメです。革に潤いと栄養を与えつつ、光沢が得られます。おまけに、はっ水効果まで。価格高めの高級レザーケアクリームですが、使用感と仕上がりは抜群。実際の靴磨きに使った様子を靴の仕上がりとともにお伝えします。...
nivea-shoe-care-2
【ニベアで靴磨き】ハンドクリームは肌に優しく革にも使える【靴クリーム替わりに】ハンドクリームで靴を磨いても大丈夫?はい、問題ありません!それはこの記事を読んでいただければ分かるはず。肌の保湿をするためのハンドクリームは革を乾燥から保護する効果があります。外出先で靴クリームがないのであれば、ハンドクリームで革靴を労わってあげましょう。...

靴磨きワックスの詳細記事一覧
bees-wax-polish-4
【レビュー】ビーズワックスポリッシュの使い方を図付きで徹底解説【SAPHIR NOIR】サフィールノワール(SAPHIR NOIR)のビーズワックスポリッシュを使って靴を磨いた様子をご紹介した記事です。柔らかで、使い勝手が良いビーズワックスポリッシュは数ある靴用ワックスの中でも一、二を争う定番品。多くのシューシャイナーに愛される理由がわかる使い心地です!...
saphir-bees-wax-polish-1
サフィールの青缶レビュー!ビーズワックスポリッシュの使用感とは?サフィール(SAPHIR)の靴用ワックス「ビーズワックスポリッシュ」の詳細と使用感・革靴の仕上がりについて、実際の鏡面磨きを踏まえてご紹介した記事です。比較的低価格でシューシャインが楽しめる、靴磨きのエントリーモデルの通称「青缶」の魅力を書いていますよ!...
mirror-gloss-2
【ミラーグロスをレビュー】超簡単に革靴を鏡面に仕上げる方法【サフィールノワール】鏡面磨きを施した革靴って美しいですよね! 革が本来持つツヤも艶やかではありますが、シューポリッシュでピカピカに磨き上げた革靴の美し...
mowbray-high-shine-polish-1
【M.MOWBRAY】ハイシャインポリッシュをレビュー!ホントに光る?【使い勝手良し】M.MOWBRAYのハイシャインポリッシュの使い心地と磨いた革靴の仕上がりをご紹介しています。カルナバワックス配合でツヤ出し効果が高い靴用ワックスです。本当に革に輝きを与えられるのか、過程を写真付きでお見せします!...