靴磨き

【Boot Black】レザーローションは革に優しい靴クリーナー!革へ負担をかけずに汚れを落としたい方へ

leather-lotion-1

革靴の汚れを落とすときに使う「靴クリーナー」にはどのようなものを使っていますか?

数多く存在する靴用クリーナー、僕自身これまでにいくつかの種類を使ってきています。

何が違うかというと、配合成分や配合比。

靴クリーナーを構成する成分や比が異なると、革靴に与える効果も違ってきます。

大きく異なるのは、「洗浄効果」です。

そして、洗浄効果に比例して革への負担も高まります。

基本的な考え方として、革の洗浄効果が高いものほど革への負担も大きくなるため、洗浄効果の高い靴クリーナーは使用時には気を使わなければなりません。

というのも、洗浄効果が高いクリーナーほど、革に必要な栄養や潤いまで取り除いてしまうからなのです。

洗浄効果が高いクリーナーは一歩間違えれば革をダメにしてしまうことも…。

一路
一路
もちろん、気をつけて使えば、その便利さはお墨付き!
何の問題もないですけどね!

ただ…

  • 革を乾燥させたくない
  • 革へ余計な負担を掛けたくない

という方には、洗浄効果がマイルドなクリーナーがおすすめです。

Boot Black(ブートブラック)の「レザーローション」は洗浄効果がありながら、ホホバオイルが配合されていることで、皮革に柔らかさと潤いを与える効果がある靴用クリーナー。

革靴の汚れを落としつつも、革の栄養を奪わず、むしろ保革までしてくれる、かゆいところに手が届く靴クリーナーがレザーローションなのです。

この記事ではBoot Blackの靴用クリーナー「レザーローション」の成分と効果、その使い方をご紹介します。

一路
一路
では、張り切っていってみましょう!

靴クリーナーに求められるのは洗浄効果

靴クリーナーに求められるのは当然、汚れ落とし効果です。

革靴に付いた水汚れや油汚れ、古い靴クリームをしっかり落とせることが靴クリーナーには要求されます。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
じゃあ洗浄効果が高いほど、良い靴クリーナーってこと?
一路
一路
それは…
一概には言い切れません!

確かに、速く・確実に汚れを落とせる靴クリーナーは魅力的。

ですが、洗浄効果が高いクリーナーには気をつけなければいけない点もあります。

靴クリーナーの洗浄効果が高いと革への負担が大きい

靴クリーナーを使う上で注意しなければいけない点とは、洗浄効果が高いクリーナーほど、革への負担が大きいということです。

靴クリーナーでの革靴の洗浄は有機溶剤が汚れを浮かし、浮いた汚れをクロスで拭き取ることでなされます。

つまり、有機溶剤の濃度が高いほど汚れ落とし効果が大きいのです。

ただ、洗浄効果が大きい分、有機溶剤は革内部の必要な油分まで取り除いてしまいます。

一路
一路
革に必要な栄養まで奪ってしまうのですね…

好例がサフィールのレノマットリムーバー

レノマットリムーバーは強力な汚れ落とし効果があるクリーナー。

有機溶剤が多く配合され、カビも除去できるほどの強力な作用を持ちます。

一方で、革への負担も大きく、レノマットリムーバーを使った後には必ず、デリケートクリームなどで十分に保革する必要があります。

強力な洗浄効果を持つ靴クリーナーは、使用方法に十分注意しないと大切な革靴をいためてしまうかもしれないのです。

もちろん、正しく使用すればトラブルもなく強力な洗浄効果の恩恵を受けれます。

レノマットリムーバーの強力な洗浄効果をご覧あれ!
【カビ取り方法】革に発生したカビを溶剤で徹底除去!【レノマットリムーバー】革に発生したカビの落とし方をご紹介している記事です。革製品にカビはつきもの。この記事ではベルトに生えてしまったカビの除去をレノマットリムーバーで行っています。革靴や革財布にも応用できますので是非お試しください!...
汚れをしっかり落としてサッパリとした仕上がりに!ツーフェイスプラスローション
two-face-plus-lotion-9
【靴クリーナー】ツーフェイスプラスローションで革靴の水汚れと油汚れを効率的に取り除く革靴の汚れ落とし、おろそかになっていませんか?きれいな状態を保つため、クリーナーで靴をリフレッシュさせましょう。ブートブラックのツーフェイスプラスローションは水汚れと油汚れを同時に除去可能な2層式の液体クリーナー。確かな洗浄効果が期待できる、おすすめの汚れ落とし用シューケアグッズです!...

Boot Black・レザーローションの特長

今回ご紹介するBoot Black(ブートブラック)のレザーローションは、マイルドな洗浄効果を持つ靴クリーナーです。

leather-lotion-3

レザーローションは数ある靴クリーナーの中でも比較的水分量が多く、有機溶剤が少なめ。

最低限の汚れ落とし効果を持ちながら、革を必要以上にいためない、靴磨きを始めたばかりの方でも安心して使える靴クリーナーなのです。

一路
一路
マイルドな靴クリーナーとはいえ、付けすぎは厳禁ですよ!

ブートブラックのレザーローションは、クリーナー液自体の透明度を高くし、革靴の質感や色合いに悪影響を及ぼさないようにしているのも特長の一つ。

また、液が透明であるために汚れ落とし用クロスに付いた汚れの色がわかりやすく、汚れ落ちの程度を判別しやすいという利点も。

靴クリーナーとしては珍しく、ホホバオイルが配合されているので革靴に潤いを与え、しなやかさを付与することも可能。

一路
一路
これはレザーローションの大きな特長です!

有機溶剤の含有率も比較的低く、鼻にツンとつく独特の匂いもほぼ感じません。

レザーローションの特性を以下にまとめてみました。

レザーローションの特長
  • 液が透明で汚れ落ちの程度が分かりやすい
  • 有機溶剤の配合率が比較的低く、低臭・無香
  • ホホバオイル配合で革にしなやかさを与える
  • 防カビ剤入り
  • エナメルにも使用可能

ブートブラックのレザーローションは汚れ落としをメインに据えつつ、保湿作用や防カビ性も付与できる多機能靴クリーナーなのです。

Boot Black・レザーローションの使い方

では、ここからはブートブラックのレザーローションの使い方をご紹介します。

使い方とはいっても、クロスにレザーローションを染み込ませ、革靴を拭く。

これだけです。

汚れを落とす革靴はスコッチグレインのアシュランス。

leather-lotion-11
アシュランスを磨いたときの様子
【革靴の磨き方】カーフレザーの靴磨き!スコッチグレインのアシュランスをお手入れ【牛革】カーフレザーの革靴の磨き手順をご紹介します。冠婚葬祭やビジネスシーンで必須の革靴、多くは牛革で作られています。その中でも、その上品な佇まいから靴のアッパーに使われることが多いカーフレザーの靴磨きを行いました。ケアした靴はスコッチグレインのアシュランス、比較的手ごろな値段にもかかわらず国産カーフを使用したこだわりの一足です。...

この革靴にレザーローションを使用して…

  • レザーローションを使うことで汚れが落ちるのか
  • 使用後の靴はどのような仕上がりになるのか

上記2点を確認してみます。

レザーローションを使う前には、ブラッシングして革靴のホコリを落としておきましょう。

leather-lotion-2

ホコリやチリといった固形物が残っていると、クリーナーで拭くときに邪魔をして洗浄効果を十分に得られなくなってしまいます。

また、ホコリやチリが革に傷を作ってしまうリスクもあります。

一路
一路
しっかりとホコリを落としてからレザーローションを使いましょう!

レザーローションの汚れ落とし効果はいかに!?

レザーローションは、まず容器を振って成分を均一にしてから、汚れ落とし用のクロスに付けて使用します。

leather-lotion-10

クロスで汚れを拭き取っていきます。

leather-lotion-6

レザーローションのみならず、有機溶剤を含んだ靴クリーナーは汚れを浮かせ、浮いた汚れをクロスで拭き取るという原理。

クリーナーが接触すれば汚れは勝手に浮き上がってきますので、力は不要です。

あくまでも、浮いた汚れを優しく拭き取ってあげるイメージで行いましょう。

革靴の汚れが取れているかを確認すると…

leather-lotion-9

見事に、革靴に付いていた汚れがクロスに移っています。

靴を履いていると付着する水汚れなどの他に、黒色の古い靴クリームが落ちているのがわかります。

ブートブラックのレザーローションは透明度の高い靴クリーナーのため、汚れ落ちの程度がわかりやすいです。

ベビーカーフなどの繊細な革をケアするときは革の変色などの影響が気になるもの…。

革の状態を見ながら、汚れが落ちているかを慎重に確かめながら作業したいときに重宝しそうです。

レザーローション使用後の革靴はこのように仕上がりました。

leather-lotion-8

レザーローション使用前後で状態を比較してみます。

leather-lotion-15

上がレザーローション使用前、下が使用後。

汚れとともに古い靴クリームが落ちることで、革靴のアッパー全体がややマットな質感に近づいています。

かといって、革が乾燥している様子もなく、適度に潤いが保たれているのがわかります。

有機溶剤が少なめ、かつホホバオイルの保革作用によって、革靴洗浄後でも革靴がカサつくということはありませんでした。

靴クリームの乗りは良くなるのか

ブートブラックのレザーローションのうたい文句にこんな記述があります。

比較表面をリフレッシュさせ、クリームのノリを良くします。

※レザーローションの容器裏側に記載

一般的に、靴クリーナーで汚れを落とすと、その後の保革クリームの浸透を助ける働きがあります。

一路
一路
クリームの浸透を邪魔する汚れが除去されるからです!

ブートブラックのレザーローションの洗浄力は比較的マイルド。

そのマイルドな洗浄でも、靴クリームがしっかりと革靴に乗るのか試してみようと思います。

レザーローションで汚れを落とした後の靴を磨きますよ。

まずは靴クリームを革靴へ塗ります。

leather-lotion-7 leather-lotion-5

レザーローションは水分量が多めなので、使用後の革のみずみずしさが持続しやすいです。

それが乳化性靴クリームとのなじみを良くしてくれます。

水よりも沸点が低い有機溶剤が多く含まれているクリーナーは速乾性が高いので、使用後は革靴が速く乾きます。

逆に、レザーローションのような水分量が多めのクリーナーはある程度の時間、革上に残るため、水分が含まれている乳化性クリームとのなじみが良くなるのです。

今回使用している靴クリームは乳化性であるM.モウブレィのシュークリームジャー。

相性は良いと思います。

靴クリームを塗るときに使いたいブラシ
cream-application-brush-4
【ペネトレイトブラシ】手を汚さずに靴クリームを均一に塗れる!おすすめ小型ブラシ【靴磨き用品】ペネトレイトブラシは靴磨きを快適にしてくれるシューケアグッズ。手を汚さずに靴クリームを塗れる小型ブラシです。革靴にまんべんなくクリームを塗りのばすこともできるので重宝します。ペネトレイトブラシをおすすめする理由とは!?...

靴クリームを塗った後はブラッシングして…

leather-lotion-12

クロスで余分なクリームを拭きとったら…

leather-lotion-13

靴磨き終了!

leather-lotion-14

深みのある光沢がアッパー全体から放たれています。

靴クリームが革靴のすみずみにまで満遍まんべんなく行き渡っている証拠。

ブートブラックのレザーローションで汚れや古い靴クリームを取り除いたことで、新しい靴クリームが革に乗りやすい環境が整えられたのでしょう。

靴クリーナーの「レザーローション」靴磨きの「縁の下の力持ち」的な存在なのです。

レザーローションは洗浄効果がマイルドな靴クリーナー

この記事ではBoot Black(ブートブラック)のレザーローションについてご紹介しました。

革靴の汚れ落とし用クリーナーであるレザーローションは水分が多めに配合されているため、比較的革への負担が少ない「革にやさしい靴クリーナー」。

じっくりと革靴の汚れを浮かせるため、過度な革の乾燥を招くリスクが低く、靴磨きを始めたばかりの方でも革靴をいためる心配が少ない靴クリーナーであると思います。

ホホバオイルが配合されているため、革の保湿作用があるのも安心して使えるポイント。

革靴をいためたくない方は、いきなり強力な洗浄力を持つクリーナーを使うのではなく、まずはマイルドなレザーローションを使ってみて様子を見るということもできます。

一路
一路
用いる用途によって靴クリーナーを使い分けることも「アリ」です!
  • 革靴の汚れは落としたいけど、革を傷めるのが心配
  • 革靴の汚れを落としつつ、保湿もしたい

そんな方はブートブラックのレザーローションを是非試してみてください。

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧頂き、ありがとうございました!

靴磨きの方法まとめ
shoe-shine-summury-99

革靴に使用されている革には様々な種類があり、それぞれに特徴があります。
革の魅力を最大限引き出すために、革の種類によって適したケア用品・方法を選びましょう。
革種ごとの靴磨き方法をまとめています。

CHECK!

靴磨き方法まとめ