革小物お手入れ

【コロニルのデリケートクリーム レビュー】革製品の汚れ落としに使えるマイルドクリーナー

collonil-delicate-cream-4

革靴に使う、汚れ落とし用の靴クリーナーの種類って多いですよね?

M.モウブレィの「ステインリムーバー」やブートブラックの「ツーフェイスローション」、サフィールノワールの「レザーバームローション」など…。

種類が多すぎて迷ってしまうというのが正直なところです。

一路
一路
嬉しい悩みではありますが!

ですが、革靴以外の一般的な革製品・革小物用のクリーナーってあまり見かけないとは思いませんか?

この広い世の中、応用することで革の汚れ落としに使えるという代物はあるでしょうが、少なくとも「革製品用のクリーナー」という謳い文句で販売されている商品というのは少ないと思うのです。

僕自身、いろいろと探し歩いてみていたのですが、そのような商品に出会わず…。

ですがこの度、良い感じの革用クリーナーを見つけたので購入してみました。

今回はその商品、コロニルのデリケートクリームのご紹介です。

一路
一路
良ければお付き合いください!

革の汚れを落とすためには

財布などの革製品は日々の使用を重ねていく中で、徐々に汚れていきます。

基本的に革製品のお手入れは、布地(クロス)での「乾拭き」とブラシによる「ブラッシング」で十分にホコリや汚れを落とすことができます。

しかし、革製品を使用していくうちに、それだけでは対応できない場面も出てきます。

汚れの原因は様々ですが、手垢や水汚れなど、使用していくうちに乾拭きやブラッシングだけでは落としきれない汚れの蓄積が進んでしまうことがあるんですよね。

一路
一路
そんなときの革製品のお手入れ、どのようなことをされていますか?

特に何もせず、粛々と乾拭きとブラッシングを続けて、汚れも経年変化(エイジング)の一部として楽しむという事も選択肢の一つではありますが、「革に付いた汚れは極力落としたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんなときのためにあるのが、革用の「クリーナー」です。

その主成分は界面活性剤有機溶剤であり、汚れを落とすための成分が配合されています。

  • 乾拭きやブラッシングでは物足りない
  • もっとしっかり革の汚れを落としたい

という方におススメしたいのが「革用クリーナー」なのです。

クリーナーにも効果の差があります
compare-boot-black-cleaner-22
ブートブラックの靴クリーナーを比較!レザーローションとツーフェイスプラスローションは何が違う?ブートブラックにラインナップされている2つの靴クリーナー、「レザーローション」と「ツーフェイスプラスローション」。同じブランドなのになぜクリーナーが1種類ではないのか、それには理由があります。この記事では実際の使用感を踏まえつつ、2つのクリーナーの違いについて書いています。...

汚れを落とすためのクリーナー

先ほど、革用クリーナーの成分として「界面活性剤」と「有機溶剤」を例に挙げましたが、まずはそれらがどのように作用して汚れを落とすのかご説明します。

界面活性剤の汚れ落としメカニズム
  • 界面活性剤が革へこびり付いた汚れを吸着して、浮き上がらせる
有機溶剤の汚れ落としメカニズム
  • 有機溶剤に革へ着いた汚れが溶け込む

界面活性剤は汚れを浮き上がらせることをアシストする効果があり、その浮き上がった汚れを洗い流したり拭き取ったりすることで汚れを落とします。

一方、有機溶剤は有機溶剤そのものに汚れを溶かしこんで、汚れを除去します。

メカニズムこそ違えど、いずれも汚れを落とす効果があることに違いはありません。

極端な話、界面活性剤や有機溶剤が配合されたものであれば、革用のクリーナーとして使うことができるというわけです。

ただし、界面活性剤や有機溶剤の効果は、その化学種や配合割合によって洗浄効果が異なります。

そのため、強力な界面活性剤や有機溶剤を革へ使用してしまうと、革をいためる原因となってしまいます。

それを考えれば、やはり、革製品用に作られたクリーナーを使用したいというもの。

ですが、革製品用のクリーナーって探してみると、ホームセンターや量販店でも意外と見かけなかったりします。

僕自身、色々と探してながらも中々見つけることができずにいたのですが、この度、革用クリーナーを見つけましたのでご紹介しようと思います。

革製品用のクリーナー、それはコロニル「デリケートクリーム」です。

コロニルのデリケートクリームの詳細

コロニルとはドイツのシューケア用品ブランド。

そんなコロニルのラインナップの一つが今回ご紹介するデリケートクリームです。

それがこちら。

collonil-delicate-cream-5
通りすがりの御方
通りすがりの御方
「デリケートクリーム」?
それって、保革用クリームのことでしょ!

確かにデリケートクリームと言えば、一般的には、革へ栄養を与える保革クリームのイメージがありますが、コロニルのデリケートクリームは一味違います。

collonil-delicate-cream-3

デリケートクリームのパッケージの右側の方を見ると、小さく「CLEANING」の文字が。

そう。
このクリームはクリーナーの役割を果たします。

それは、このデリケートクリームの成分表をみれば明らかです。

collonil-delicate-cream-2

主要成分は「ろう・有機溶剤・界面活性剤」です。

「有機溶剤」と「界面活性剤」の表記があります。

一方で、革に栄養を与える成分である「油脂」等の記載はありません。

この成分表記から、この「デリケートクリーム」が汚れ落とし用のクリームであることが分かります。

実際に、このクリームのパッケージに記載されている特長の項目を確認してみると…

collonil-delicate-cream-1

デリケートな仕上げのスムースレザー製品表面の風合いを維持しながら汚れを落とします。

との記載があります。

一路
一路
「汚れを落とします」と書かれていますね!

そう、このコロニルのクリームは名前こそ、デリケートクリームとなっていますが、れっきとした汚れ落としクリームなのです。

肝心の中身はというと、非常に柔らかいトロトロのクリームで、伸びも良く、使い勝手もよさそうな感じ

collonil-delicate-cream-6

水が多く含まれているのでしょう。

革にも優しいこと間違いなし。

一路
一路
何と言っても、名前が「デリケートクリーム」ですからね!

そんなコロニルのデリケートクリームですが、製品としての機能をまとめると以下のようになります。

  • 界面活性剤、有機溶剤が革に付いた汚れをしっかりと落とす
  • カーフやラム、ヌメ革などのデリケートな革も傷めることなく使用可能
  • 布地や起毛革(スウェード、ヌバック)、爬虫類革には使用不可

スムースレザーの汚れ落としとなれば、デリケートな皮革だろうが、その効果をいかんなく発揮して、しっかりと汚れを落とします。

ですが、スウェードやヌバックといった起毛した革やエキゾチックレザー等の特殊な革には使用できませんのでご注意ください。

また、ヌメ革に関しては、あまりに大量に塗りすぎると、このデリケートクリームでもシミになってしまう事があります。

一路
一路
ヌメ革に使用する際には、事前に目立たないところで革の変色がないかを確認した上で、適量を使用するようにしましょう!
  • ヌメ革に使用するときは事前にパッチテストを!
supreme-creme-deluxe-
シュプリームクリームデラックスの使用感レビュー!【コロニルの保革クリーム】コロニルの1909シュプリームクリームデラックスの使用感を書いています。革製品のお手入れに欠かせないのがデリケートクリーム。シュプリームクリームデラックスはシダーウッドオイルやラノリンといった天然成分を配合したレザーケア用クリームで保革や革への栄養補給効果があり、クリームを革へ塗る事で起こりがちなシミも発生しません。...

コロニルのデリケートクリームで革の汚れを優しく落とす

本記事では汚れ落とし用のクリームであるコロニルのデリケートクリームをご紹介しました。

革製品の普段のメンテナンスは乾拭きとブラッシングで十分ですが、頑固な汚れが付いてしまったら革の汚れ落とし用クリームを使いましょう。

コロニルのデリケートクリームは「界面活性剤」と「有機溶剤」の効果で汚れを落とすことができる革用のクリーナーなので、革の汚れをしっかりと落とすことが可能です。

一路
一路
革用クリーナーをお探しの方は是非試してみてください!

乾拭きやブラッシングだけでは物足りないなぁ…

と感じている方にもお試し頂きたい革用クリーナーです。

実際にコロニルのデリケートクリームで革製システム手帳の汚れを落としてみました!
leather-handbook-care-9
【ダ・ヴィンチ】革製システム手帳カバーをお手入れ!蓄積した汚れを落として保革しますシステム手帳のカバー部分のお手入れ方法をご紹介している記事です。手に取る機会や周囲の環境にさらされやすい手帳は汚れやすく、定期的なメンテナンスは必須。革の風合いを失わせないよう、しっかりケアしましょう。ステーショナリーブランドのダ・ヴィンチの手帳のお手入れです。...

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧頂き、ありがとうございました!

delicate-cream-13
【デリケートクリームレビュー・口コミ】ヌメ革や淡い色の革にもシミができにくいおすすめケアクリーム【M.モウブレィ】M.モウブレィの「デリケートクリーム」を実際に使ってみたレビュー記事です。革に潤いと栄養を補給してくれるデリケートクリームは、ラノリンオイルが配合されていることにより革への浸透性が抜群!革のシミや色ムラが生じにくいため、ヌメ革や薄い色の革にも安心して使えます。多くの種類がある保革クリームの中で何を使えばよいのか迷ったら、とりあえず選んでおいて間違いないケアクリームがデリケートクリームです。...
leather-balm-lotion-2
レザーバームローションをレビュー!革靴の汚れ落とし・栄養補給・ツヤ出しが同時にできるオールラウンダー革製品のお手入れはたくさんの工程があって面倒?そんなあなたにおすすめなのが、サフィールノワール(SAPHIR NOIR)のレザーバームローション。クロスに付けて革を拭くだけで革の汚れ落とし・栄養補給・ツヤ出しが一挙に行える、万能ケアローションです。革製の財布やバッグ・靴など、革製品全般に使える守備範囲の広さも魅力。この記事では靴磨きで使った様子をご紹介しつつ、詳細と使い心地をレビューします!...
change-dirt-removal-3
【小銭汚れを落とす方法】デリケートクリームで革財布をきれいに保つ小銭入れを汚れをガッツリ落としてきれいに保つ方法をご紹介しています。小銭は人から人へと渡り歩くため汚れやすく、それを収納するコインケースも汚れやすく、見た目に美しくありません。そんな時はティッシュで拭いたりデリケートクリームでお手入れすると劇的に財布がきれいになりますよ!...
compare-boot-black-cleaner-22
ブートブラックの靴クリーナーを比較!レザーローションとツーフェイスプラスローションは何が違う?ブートブラックにラインナップされている2つの靴クリーナー、「レザーローション」と「ツーフェイスプラスローション」。同じブランドなのになぜクリーナーが1種類ではないのか、それには理由があります。この記事では実際の使用感を踏まえつつ、2つのクリーナーの違いについて書いています。...
cleaning-bar-4
消しゴムタイプの革用汚れ落とし!クリーニングバーの効果を検証【ブートブラック】消しゴムタイプの革用クリーナーである、ブートブラック(Boot Black)のクリーニングバーの特徴と使い方をご紹介します。固形タイプのクリーニングバーは革をこするだけで汚れを落とせる優れもの。それぞれ成分の違う「ナチュラル」と「ホワイト」の2種類があり、汚れの種類によって使い分けられるのも魅力。液体クリーナーと組み合わせて、革靴の汚れ落としの幅を広げましょう!...
aniline-calf-cream-1
【アニリンカーフクリームのレビュー】デリケートレザーのツヤ出しに!シミにならない革用ケアクリームです【使い方】デリケートな革にシミを作らず、栄養とツヤを与えたい?そんな贅沢な要求に応えてくれるのがM.モウブレィの「アニリンカーフクリーム」です。ロウが多めに配合されたデリケートレザー用の保革クリームのため、繊細な革や淡い色の革にもシミを作らず、光沢を与えることができるのがアニリンカーフクリームです。この記事ではアニリンカーフクリームの詳細と使い方について書いています。...
革小物ケア方法まとめ
leather-care-summary-99

革製品には財布やバッグ・ベルトなど様々な種類があります。
愛用の革製品をお手入れする方法についてご紹介しています。

CHECK!

革小物ケア方法まとめ

こんな記事もオススメ!