シューケア

シューキーパーを入れずにコードバンの畝を楽しむ【革靴を愛でる】

wrinkles-cordovan-1

革靴管理に必須のシューキーパー

末永く革靴を愛用するためには、絶対に必要なシューケアアイテムです。

シューキーパーは革靴の形状を保ち、型崩れを防いでくれます。

履きジワを伸ばせるため、革に深いシワが入ったり、クラック(亀裂)が入ることから守れます。

あれ?

ちょっと待ってください。

シューキーパーが革に深いシワが入らないようにするためのアイテムであれば…。

深いシワが入らないコードバンはシューキーパーってらないのか?

なんてことがよぎるかもしれません。

結論としては、コードバンの靴にもシューキーパーは使った方が良いです。

木製のシューキーパー(シューツリー)の場合、靴内部の湿気を取り除く効果があるので、その恩恵を受けたいですからね。

それを除けば、コードバンの靴はシワが刻まれるのではなく太いうねができるので、革に

  • 深いシワが残る
  • ひび割れが起こる

なんてリスクはないわけです。

むしろコードバン靴の魅力は、その大きく波打つうね

シューキーパーをあえて入れないことで、コードバンの魅力的なうねを存分に楽しめるのです。

馬のお尻の皮から作られるコードバンは、革繊維の緻密ちみつさとなめらかさにより強い光沢を放つ革種。

そのツヤとうねが合わさると唯一無二の存在感が生まれます。

コードバンの靴を見ながらお酒をたしな

なんて楽しみ方ができるのです。

本記事ではあえてシューキーパーを入れずにおいたコードバンのうねの美しさをご紹介します。

コードバンの特徴

コードバンうねの美しさを語る前に、まずはコードバンの特徴からご説明しますね。

コードバンは馬のお尻の皮から作られた革。

美しいエレガントな光沢を持つ革種です。

裂けや水には弱いですが、密な構造で革のひび割れが起きない堅牢さがあります。

通常、革は銀面と床面の2層構造ですが、コードバンは違います。

床面のみの単層構造です。

カーフレザーなど、高級レザーがきめ細やかで美しいのは銀面があるから。

銀面は動物の皮の一番外側にある薄い表皮を除去した後の面のことを指します。

銀面は革繊維が細かく、いわゆる

革の風合い

と表現されるような、美しい見た目と高い耐久性を誇ります。

一方、床面とは革の2層目の部分。

革の繊維が荒く薄いです。

美しい光沢は表れません。

銀面と床面は、同じ革の構成成分でも全く異なる性質を持ちます。

では、コードバンの場合。

先ほど述べたように、コードバンは床面で構成されています。

通りすがりの御方
通りすがりの御方
あれ?
床面って光沢がないんじゃ?
一路
一路
と思った方!

確かにそうなのですが、コードバンは床面の革繊維を無理やり寝かせて表面をなめらかにする処理をしています。

コードバンは表面の繊維を寝かせて平らにすることで、美しいツヤを表現しているのです。

コードバンはその美しさから、革靴の素材として使われることも多く、世界中の多くの方々から愛されています。

コードバン靴を履いた後にできる畝

コードバンの靴の特徴は、ゆったりと大きく波打つようなうねができること。

カーフレザーなどはクシュっとシワが入り、これがひどくなると亀裂が入り、革が割れた状態になります。

コードバンは革の特性上、細かなクラックが入りません。

履いた後の波打ったうねは美しく、これこそがコードバン靴の魅力の一つです。

牛革の靴は履いた後、甲部分に細かなシワが入ります。

それをそのまま放置しておくとシワが深くなり、最悪の場合、亀裂が入ります。

一路
一路
コードバンはそのような心配がないので、いつまでも特有の魅力的な風合いを味わえるのですね!

シューキーパーを入れずにコードバンの畝を楽しむ

では、ここからは履き終わった後のコードバン靴の履きジワがどんなものか、見てみましょう。

こちら、シェットランドフォックスのウィンストン

wrinkles-cordovan-2

水染めコードバンのプレーントゥの革靴です。

つま先に装飾のないプレーントゥは、革靴の履きジワを楽しむのにはうってつけ。

wrinkles-cordovan-4

どうですか。

この美しいうねは。

wrinkles-cordovan-3

思わず、見惚みとれてしまいます。

一路
一路
この大きく波打つうねを眺めているだけで何杯でもお酒が飲めそうです!
wrinkles-cordovan-5

これこそ、コードバン靴の魅力の一つ。

甲の立体的なフォルムが優雅です。

新品のコードバン靴では味わえない、履いたからこそ表れる美しさ。

シューキーパーを入れないでいると、これほど美しいうねを心行くまで楽しめます。

コードバンの畝を愛でた後はシューキーパーを入れよう

とはいえ、シューキーパーを入れないでいると、靴内部に湿気がたまり、カビが発生したり、イヤなニオイの元となります。

個人的には、ある程度コードバンのうねを楽しんだところでシューキーパーを投入するのをオススメします。

シューキーパーを入れておけば靴のコンディジョンをより良く保てますからね。

シューキーパーを入れると革が伸ばされ、コードバンのうねが目立たなくなるのが残念ですが…。

では、靴にシューキーパーを投入。

wrinkles-cordovan-6

サルトレカミエのシューキーパーを入れます。

wrinkles-cordovan-7

しっかりシワが伸びました。

wrinkles-cordovan-8

履きジワを楽しむこと

コンディションをより良く保つこと

いずれも重要です。

コードバン特有の美しいうねを楽しみつつ、革靴と末永く付き合っていきましょう。

コードバンの畝は美しくて魅力的!

本記事では、コードバン靴特有の、美しい履きジワの楽しみ方についてご紹介しました。

馬のお尻の皮から作られたコードバンは、緻密ちみつな繊維構造によりなめらかな強い光沢を放つ革種なのが特長です。

床面のみの構造のため、負荷がかかったときに牛革のような銀面・床面の2層構造の革に顕著な細かなシワが入らず、大きく波打つうねができるのも特有の性質。

そんなコードバンから作られた革靴は履いた際にできる履きジワが優雅に波打ち、見る者を魅了します。

美しいうねができるからこそ、あえてシューキーパーを入れずに、その履きジワを楽しむのも一興です。

一路
一路
コードバン独特のエレガントなうねを思う存分愛でてみてはいかがでしょうか?

もちろん、うねを楽しんだ後は、革靴のコンディションをより良く保つため、シューキーパーを入れておくのをお忘れなく。

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

shetland-fox-winston-5
【シェットランドフォックス・ウィンストンをレビュー】履き続けることで一層ツヤを増す水染めコードバンの革靴シェットランドフォックス(SHETLAND FOX)の革靴であるウィンストンのレビューを2年間履いた感想と共にお伝えします。日本人に適したラストをはじめ、履き心地を追求したウィンストンは履いて快適なだけでなく、水染めコードバンの上品なツヤめきも魅力の一つ。メイドインジャパンの極上の革靴をぜひとも味わっていただきたいと思います。...
sarto-recamier-shoe-tree-1
サルトレカミエのSR300EXレビュー!高級感タップリのシューツリー末永く愛用したいお気に入りの革靴だからこそ、良質なシューキーパーを使って型崩れやカビの発生を防ぎましょう。サルトレカミエのSR300EXはネジ式のシューキーパーでサイズの微調節が簡単。手軽に自分の革靴とサイズを合わせられます。ブナ材の高級感あふれ、所有する喜びを感じる、高コスパで満足度の高い逸品ですよ!...
dryness-cordovan-1
コードバンの乾燥を防ぐ!リッチモイスチャーで革に潤いを与える方法コードバンが乾燥すると独特の美しい光沢が失われるだけでなく、裂けやすくなるリスクがあります。放っておくわけにはいきません。取り返しのつかないことになる前に、潤いと栄養を与えて保革しましょう。この記事ではリッチモイスチャーを使ってコードバンの革靴を乾燥から守る方法をご紹介しています。...
Alden-975-8
オールデン975ロングウィングチップのディティールは?コードバンの美しさを直に感じる一足【Alden】オールデン(Alden)は米国を代表する革靴メーカーの一つ。ホーウィン社から提供される極上のコードバン(馬革)から作られるコードバン靴は上品で深みのある独特なツヤが魅力。こだわりのラストが足を優しく包み込み、フィット感も抜群。とても履きやすいので革靴に抵抗がある方へもオススメです!この記事ではオールデン975ロングウィングチップの魅力をコードバンの経年変化を交えながらご紹介しています。...
cordovan-cream-5
【サフィールノワール】コードバンクリームをレビュー!馬革のお手入れに適したニートフットオイル入りサフィールノワールの「コードヴァンクリーム」は馬革(コードバン)のお手入れのために最適化された専用ケアクリームです。栄養が入りにくいコードバンのために浸透力の高いニートフットオイルを配合したことに加え、ビーズワックスによる光沢付与も抜かりなし。コードバンの革靴を愛用されている方は持っていて損はないクリームです。本記事ではコードヴァンクリームの詳細と実際に使ってみた様子について書いています。...
leather-stick-16
アビィ・レザースティックでレザーソールを引き締める!コードバンのキズ消しにも【革底が長持ち】革靴のお手入れに使う道具、「アビィ・レザースティック」のご紹介記事です。スムースレザーのアッパー(甲革)やレザーソールの毛羽立ちを抑えて革の美しさを保つ、水牛の角から作られた滑らかなスティック。その効果の詳細と使い方をご説明しています。...
靴磨きに使う道具まとめ
shoe-care-goods-summary-2

革靴のお手入れに使う道具にはどんなものがあるの?
靴クリームやワックス、ブラシなど。
靴磨きを楽しむために必要な道具や持っていると便利なアイテムをご紹介します。

靴磨きの道具一覧を見る

こんな記事もオススメ