靴磨き

ブートブラックの山羊毛ブラシを購入!その名も「フィニッシングブラシ」【靴磨き用品】

先日お出かけした際に、百貨店の「阪急メンズ東京」に行ったんですね。

その時に見つけてしまったんですよ。

素晴らしい靴磨き用ブラシを!

シューケア用品売り場で綺麗にディスプレイされていたそのブラシの名は「フィニッシングブラシ」

ブートブラックというブランドのものです。

今回は迷わず購入した、そのブラシのご紹介です。

ブートブラックについて

ブートブラック(Boot Black)と言えば、シューケア用品メーカーであるコロンブスが展開するブランド。

靴クリームやワックス、防水スプレー、シューキーパーなど靴に関する製品を数多く取り扱っています。

100年近くに渡って、シューケア用品を作り続けてきたコロンブスの靴磨きのプロフェッショナルの方々が精魂込めて開発したプレミアムシューケアブランド、それがブートブラックです。

通常ラインであるブートブラックと、初心者向けでより使いやすさを追求したブートブラックシルバーラインをそれぞれ展開しています。

一路
一路
靴磨き上級者から初級者まで間口を広く取ったシューケアブランドです!

ブートブラックのフィニッシングブラシ

そんなブートブラック。

靴磨き用ブラシもラインナップしています。

ブートブラックの商品群の中で、僕は既にクリームをなじませるための豚毛ブラシとホコリ落とし用の馬毛ブラシを所持しているのですが、靴磨き仕上げ用の山羊毛ブラシは持っていませんでした。

山羊毛ブラシは靴磨き時の最期の仕上げ時に使用することで、革靴にみずみずしい有機的なツヤを与えることができる、靴磨きの最後に使用するブラシです。

塗布した靴クリームやワックスをより均一にする効果があります。

それにより革靴に光沢を出すことができ、革の質感をより上品なものへと昇華させてくれるのです。

ちなみに、僕が普段愛用している山羊毛ブラシはコロンブスと東急ハンズのコラボブラシです。

▼シューケア用品探すなら▼
東急ハンズオンラインストアへ

ですが今回、百貨店のシューケア用品売り場で偶然見つけたのです。

ブートブラックの仕上げブラシを!(謎の倒置法)

その時、こう思いました。

一路
一路
ブートブラックって山羊毛ブラシ、出してたんだ!

知らなかったです…。
それもそのはず。

接客して頂いた店員さん曰く…

店員さん
店員さん
このブラシは今月の頭から販売開始されたんです。
大人気で、実は昨日まで在庫を切らしてて、今日再入荷しました!

な、なんということでしょう…。

今日再入荷しただとっ…!

「これは運命だ!」

直感のままに僕はそのブラシを購入しました。

実際、店頭で触ったブートブラックの山羊毛ブラシは、今まで触ったどの山羊毛よりも柔らかく、とても衝撃的で感動しました。

フィニッシングブラシ購入記
新宿・銀座をぶらついて靴磨き用ブラシと洋服をゲットした話【買い物記録】新宿と銀座で百貨店やファッションショップを見てきました。伊勢丹、阪急、銀座ファイブ、ドーバーストリートマーケット。いずれも見るだけで楽しいお店ですが、当然見るだけで済むはずもなく。ブートブラックの山羊毛ブラシ(フィニッシングブラシ)とサタデーズNYCのシャツをゲットしました。街を歩く様子と購入した商品のご紹介をしています。...

フィニッシングブラシの詳細

では、ここからブートブラックのフィニッシングブラシを細かく見ていこうと思います。

一路
一路
大きく、「外観」「ブラシ毛」についてご紹介しますね!

フィニッシングブラシの外観

まずは全体像をご覧ください。

白い木に毛が所狭しと植え付けられています。

毛束は大きく4つ埋め込まれていて、通常のブラシとは全く異なる見た目です。

一路
一路
足みたいな!

このような植え方をすることで、通常のブラシよりも毛の密度をより高くすることができるのです。

ご覧の通り、ものすごい密度!

持ち手の材質は国産のヒノキ。

ヒノキは丈夫で軽いという特長があるため、ガシガシ使っていけそうです。

「Boot Black」の刻印も刻まれ、ロゴの左右のマークは木彫りになっています。

良いもの感があふれ出る、所有する喜びを満たしてくれるブラシです。

更に、持ち手部分はくぼみがつけられており、ブラシ本体の適度なコンパクト感と相まって、手にフィットしやすい構造

一路
一路
使い勝手も良さそう!

ブラシの毛について

山羊毛ブラシとしてご紹介しているこちらのブラシですが、実は「山羊毛」と「馬毛」が各50%づつ使われた、「山羊毛と馬毛の混合ブラシ」なんです。

仕上げブラシには、「山羊毛」のみを使用することが多いですが、こちらのフィニッシングブラシには細く柔らかな「山羊の産毛」に、しなやかでコシのある「馬の尾先」を混ぜています。

これにより、柔らかさと適度なコシを両立させているのです。

それでもこのブラシの感触は通常の山羊毛ブラシよりも柔らかいです。

それもそのはず。

実はこのブラシ、化粧用の筆の産地として有名な広島県安芸郡熊野町で作られている、伝統的な「熊野筆」の製法により製造されたブラシ

一路
一路
熊野筆といえば、なでしこジャパンの国民栄誉賞受賞時の記念品でより知られるようになりましたよね!

熊野筆の特徴として、獣毛の混合や、自然毛を活かすためにあえて毛先を切り揃えず、繊細な柔らかさを表現している、という点が挙げられます。

「山羊の産毛」の形状は化粧筆のように毛先が細くなっていて、それにより非常に柔らかな感触を実現しています。

そのため、その特性を消してしまわないように、毛先を切らずにブラシに植え付けているそう。

化粧用のブラシとしても使われるほどの繊細で柔らかなタッチは、こういった点から生み出されるものなのですね。

また、このブラシは先ほど述べた通り、毛の密度がかなり高いため靴のブラッシング時には隅々まで毛先が行き渡り、効率的で高効果なブラシ掛けが可能です。

ブラシを育てる楽しみ

靴磨き用のブラシといえば、使い込むうちに徐々に毛先に靴クリームやワックスなどの油分が付着していき、山羊毛でブラッシングするだけで革靴を輝かせることができるようになってきます。

いわゆる、「ブラシが育つ」というやつです。

育ったブラシというものはそれだけで革靴のくもった鏡面や銀面をピカピカによみがえらせることが可能になります。

僕が絶賛愛用中の「コロンブス×東急ハンズコラボ山羊毛ブラシ」も数年かけて育て上げた甲斐あって、軽くブラッシングするだけで革靴が輝くようになりました。

毛先が黒ずんでいて、靴クリームやシューワックスが付着していることがわかります。

この付着した油分が革靴を光らせるのです。

一路
一路
今回購入したフィニッシングブラシはまだまっさらな状態ですが、これからガシガシ使って育て上げたいと思っていますよ!

フィニッシングブラシを使うのが楽しみ!

今回はブートブラックのフィニッシングブラシについてご紹介いたしました。

山羊毛と馬毛を混合して作られたこのブラシは手触りがとても柔らかく、靴磨きの仕上げ時に絶大な効果を発揮しそうな予感をビンビン感じています。

仕上げに使う山羊毛ブラシはそう何本も持つものではなく、1本を長く使ってブラシが育つのを待つ。

そんな使用方法がおススメです。

ブートブラックのフィニッシングブラシは多少お値段は張るものの、これから末永く使用することを考えると、決して高くはないと思います。

何より、良いブラシを使うと靴の仕上がりが良くなって靴磨きが益々楽しくなります!

シューライフを充実させるための仕上げ用の山羊毛ブラシ、是非お試しください!

最後にブートブラックブラシ3兄弟の図で締めたいと思います。

ブートブラックシリーズの3種のブラシを比較した記事はこちら!
boot-black-brush-type-2
【靴磨き用】ブートブラックの馬毛・豚毛・山羊毛のブラシ3種を並べて比較してみるブートブラック(Boot Black)の馬毛・豚毛・山羊毛の3種類のブラシを並べて満足する記事です。ついでにそれぞれのブラシの比較もしています。決して安いとは言えない靴磨きブラシですが、所有する喜びと使う楽しみがあることは間違いなし。もちろん、実用性も完璧です!...

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧頂き、ありがとうございました!

靴磨きの方法まとめ
shoe-shine-summury-99

革靴に使用されている革には様々な種類があり、それぞれに特徴があります。
革の魅力を最大限引き出すために、革の種類によって適したケア用品・方法を選びましょう。
革種ごとの靴磨き方法をまとめています。

CHECK!

靴磨き方法まとめ