シューケア

自宅で靴を磨くのに適した場所は?シートを敷けばどこでもシューケアが可能【下敷きマット】

自宅で靴磨きをする場合、どこで行いますか?

恐らく、大半の方の靴の保管場所は玄関の靴箱ですよね。

外で履いた靴を家の中に持ち込むのはちょっと…。

床が汚れるし、抵抗があるという方も少なくないはず。

となると、おのずと靴磨きを行う場所は土間があり、下駄箱が近くにある「玄関」ということになります。

一路
一路
それって困る時ありませんか?

本記事では、玄関以外で靴磨きをすることを可能にする、あるアイテムをご紹介します。

靴磨きをする場所は玄関が楽、でも…

靴磨きやその他シューケアを行う際に、どこでするかは人によってこだわりがあるとは思いますが、楽なのは玄関ではないでしょうか。

他の場所で行うとなると、下駄箱からその場所まで靴を移動させなければなりません。

さらに、ブラッシングによってホコリやチリもその場所に落ちてしまいます。

とても衛生的とは言えませんよね?

そうなると下駄箱がすぐ横にあって、なおかつ、ホコリを落としても問題ない「玄関で靴を磨く」のが合理的だという結論に至ります。

僕自身、そういった理由で靴磨きを覚えてからしばらくの間は、自宅の玄関で日々靴磨きにいそしんでいたわけです。

で・す・が!

日が経つにつれて段々と気づいてきます。

一路
一路
あれ?
暑い!(夏の僕)
一路
一路
あれ?
寒い!(冬の僕)

そう、季節の変化です!

玄関ってエアコン効かせてますか?

僕は効かせてません。

電気代がもったいないので。

となると、気温の変化をモロに受けてしまい、夏は汗だく、冬はガタガタ寒さに震えながら靴磨きをすることになります。

まぁ、過酷な環境で靴を磨くのもまた一興。

職人感が出て自分に酔える絶好のチャンスではあります。

一路
一路
ものは考えようですが…

ただ、毎度毎度、汗だくになって、あるいは寒さに耐えながら靴を磨くのも疲れます。

靴磨きから足が遠のいてしまうのです。

そうだ!家のどこででも靴磨き出来るようにしよう!

靴を磨きたいという気持ちと、億劫な気持ち…。

相反する二つの感情がぐるぐると渦を巻き、結局「明日やろう!」を繰り返す日々…。

一路
一路
機会損失だなぁ…

なんてことを思っていた矢先。

買い物途中でふらりと立ち寄った商店街の一角、雑貨屋さんにて「あるもの」と出会いました。

それが革シート

レザークラフト用に販売されていた牛革で面積がとても広いです。

これを見てピンときました。

一路
一路
これ敷いたらリビングでも書斎でも、どこでも靴磨きできるやん!(※関西出身ではございません)
一路
一路
それって…、素敵やん!(※関西しゅ(以下略))

これを敷けば灼熱の夏だろうと極寒の冬だろうと、エアコンの効いた快適な環境で大好きなシューケアができるではないですか!

なにせ、ホコリが落ちてもシートが受けてくれるので床が汚れない!

おまけに牛革だからちょっとやそっとじゃ破れない頑丈さがあり、作業用下敷きとしては最適!

即購入しました。僥倖っ…!圧倒的僥倖っ…!!^^

現在はリビングにこの革シートを敷き、テレビを見ながらウイスキーを飲み、靴磨きを満喫しているというわけです。

鏡面磨きって楽しいなぁっ…!
【ハイシャイン】スコッチグレイン・シャインオアレインの鏡面を修復する鏡面磨きを施したスコッチグレインのシャインオアレイン。革靴を履いていると、せっかく作った鏡面が傷付いてしまいます。そんな傷付いた鏡面をM.モウブレィのシューポリッシュで再度復活させてみます。靴の美しさを最大限引き出すための方法をご紹介!靴磨きって楽しいな!...

靴をリビングに持ってくる必要性はありますが、暑さ寒さが解消できたことに比べれば、なんてことない作業。

すっかり「リビング靴磨き」が習慣になっています。

革シートのサイズ感

ここで「靴磨き用革シート」(勝手に命名)のサイズ感がどんなものか確認してみます。

USサイズで7.5のオールデン975ロングウィングチップを置いてみるとこんな感じ。

USサイズって何?
how-many-japan-size-1
【革靴の海外サイズ対応表】UK・EU・US 外国表記のシューズは日本だと何センチ?あなたの欲しい靴、日本サイズで何cm?靴のサイズで「40」や「8」といった表記を目にしたことはないでしょうか?明らかに日本のセンチメートル表記とは違うこれらの数値、実は海外のサイズ表記法なのです。この記事では日本サイズと海外サイズの換算表や海外サイズの数値の意味について示しています。...

おおよそ6足の靴を置ける程度の面積で、横に75cm、縦45cmのサイズ。

作業スペースとしては申し分ない広さです。

というか、実際に使ってみると、個人的にこのくらいのサイズが丁度良いと感じます。

狭いと作業スペースが限られてしまい作業性が悪化します。

しかし、逆に広すぎてもスペースを持て余してしまって、有効活用できません。

シート面積が広いことで不便になるのが収納時にかさばるという点です。

使用後に収納する際はシートをクルクルと丸めて収納します。

僕が使っているこのシートはサイズ感がちょうどよくて、玄関の下駄箱にすっぽり収まるサイズ。

ですが、面積が広くて大きいシートだと丸めてもかさばってしまい、収納場所に困ることがあるかもしれません。

靴磨きシートを使う様子

基本的にシューケア・靴磨きをする際は、この革シートを使用しています。

他の記事でもこのシートは常に登場。

デッキシューズのメンテナンス方法
【長期保管後の革靴】夏に向けてデッキシューズのメンテナンス【乾燥防止】水際に強いデッキシューズ。夏は大活躍します。ですが、先シーズンから長いこと下駄箱に保管されていて、久々に下駄箱から出してみたら、なんだか革が乾燥しいる…。そんな時は、履く前にケアをして靴に潤いを与えましょう。今回はリーガルのトリコロールカラーのデッキシューズのお手入れをやってみます!...
古いワックスの落とし方
【鏡面落とし】古いワックスを落として栄養補給!革靴の乾燥を防ぐためには必須です靴磨きで鏡面にした革靴。綺麗で美しいですが、革への栄養が通りにくくなっています。たまには鏡面のワックス層を落として、革靴への栄養補給を行うようにしましょう。栄養不足は革のひび割れのもと。スコッチグレインのアシュランスを用いて、レノマットリムーバーでの鏡面落としと、靴クリームでの保革をやってみましたのでその様子をご覧ください!...

使用感として、汚れ防止の下敷きとしての機能は申し分なし。

毎回の靴磨きでは、馬毛ブラシでのブラッシングによって革靴のホコリが払い落とされます。

靴から落ちたホコリや汚れは下に敷いている革シートがすべて受け止めてくれます。

靴磨き終了後はシートを外に持って行って、パタパタと叩いてホコリを落とせば、家の中を汚すことなく清潔・快適に靴磨きを行うことができます。

靴磨きのうれいを無くすことのできる、貴重な便利グッズだと個人的に感じています。

靴磨き用の革シートは地味に便利ですよ!

今回は靴磨きの際に使用する、下敷きシートをご紹介しました。

靴磨きをする場所は自由。

いつでもどこでも楽しめる趣味、それが靴磨きだと今では思います。

そう感じさせてくれたのは、ある時出会った革シート。

そこからは益々革靴と向き合う時間が増え、充実した靴磨きライフを送る日々です。

家の中が汚れるのが嫌だから、靴磨きは玄関で。

はたまた、たまには気分転換で他の場所で靴磨きしたい!

そんな方に「靴磨き用シート」、おすすめです。

一路
一路
ご用意されてみてはいかがですか?

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧頂きありがとうございました!

field-hopper-17
【SOTOのフィールドホッパー レビュー】パッと開いてサッと収納できる携帯用テーブルは靴磨きにも大活躍!アウトドアブランド「SOTO」のフィールドホッパーはワンアクションで開閉可能な折りたたみテーブル。靴を磨く際、限られたスペースしか使えなくてお困りの方にオススメしたい携帯用の小型台です。かさばるシューケア用品を一時的に置いておくためのテーブルとして便利。限られたスペースを有効活用したい方にはぜひともお試しいただきたい逸品です!...
靴磨きの方法まとめ
shoe-shine-summury-99

革靴に使用されている革には様々な種類があり、それぞれに特徴があります。
革の魅力を最大限引き出すために、革の種類によって適したケア用品・方法を選びましょう。
革種ごとの靴磨き方法をまとめています。

CHECK!

靴磨き方法まとめ