靴磨き

【靴磨き手順STEP6】ハイシャイン仕上げで革靴をより美しく【鏡のような輝きを与える方法】

step-6-high-shine-12

革靴にまるで鏡のような面を作り上げる鏡面仕上げ

  • ハイシャイン仕上げ

とも呼ばれる、革靴を美しく演出するための極上の仕上げ方法です。

この記事では靴磨き手順のうちの「STEP6|革靴をハイシャイン仕上げにする」ことのメリットと方法について解説します。

前のステップをおさらい

ハイシャイン仕上げは、革靴をケアする上で必ずしも必要な作業ではありません。

革靴をより美しくエレガントにするための手法。

革靴のコンディションを保つための、ホコリ落としや靴クリームの塗布とはまた異なる、趣味性の強い仕上げです。

だからこそ面白く、靴磨きの楽しさを高めてくれるプロセス

革靴に強い輝きを与え、優雅な印象に変えてくれるハイシャイン仕上げ。

本記事では革靴をハイシャインにするメリットとその方法について解説します。

この記事はこんな人におすすめ
  • ハイシャイン仕上げをやってみたい
  • ハイシャイン仕上げのメリットは?
  • 革靴を鏡面に仕上げるために使う道具が知りたい
靴磨きの手順

靴磨き手順中のSTEP6「革靴をハイシャインに仕上げる」工程を解説します。

靴磨き手順:STEP6「革靴をハイシャインに仕上げる」靴磨きの6工程目は鏡面仕上げ

革靴をハイシャイン仕上げにするメリット

革靴をハイシャインに仕上げるメリットは、何よりもまず、見た目が華やかになるという点です。

革靴にあたかも鏡のような光沢が与えられるハイシャイン仕上げは、革靴をエレガントな雰囲気に昇華できます。

ハイシャイン仕上げをほどこした革靴は足元を煌びやかに演出し、上品でアダルトな印象を高めてくれるのです。

革本来の質感を楽しむのも良いですが、ハイシャインに仕上げた革靴はまたベクトルの異なる魅力を放ちます。

その靴の隠れたポテンシャルを引き出すような、新たな気付きをもたらしてくれます。

また、ハイシャイン仕上げには機能的な側面も。

ハイシャインはシューワックスを塗り重ねて作られたワックスの層です。

革の表面にワックスの層がコーティングされた状態がハイシャイン仕上げの正体というわけ。

つまり、ワックスの層が外からの刺激から革を保護する役目を果たします。

仮にハイシャイン部分に傷が付いたとしても、それはあくまでワックス層に傷が付いているだけで、革自体に傷が入っているわけではありません。

ワックス層が革の身代わりになってくれるのです。

ハイシャイン仕上げをほどこせば、よほど強い刺激が加わらない限り革自体が守られます。

一方で、ハイシャイン仕上げにはデメリットも…。

というのも、ハイシャインのワックス層が以下の悪さをするから。

  • 革への保革成分を遮断する
  • 革自体の水分調節機能を邪魔する

上記があげられます。

そのため、ハイシャイン仕上げをほどこした靴は、定期的にワックスを落として通気性を確保したり、保革することが大事です。

一路
一路
ハイシャインの美しさを楽しむためには日頃のケアも重要であるということですね!

革靴をハイシャイン仕上げにするために使う道具

革靴をハイシャイン仕上げにするためには3つの道具を使います。

ハイシャインにするための道具たち
  • 靴用ワックス(シューポリッシュ)
  • 磨きクロス
  • ハンドラップ(ワックスのフタでも代用可)

いずれも美しいハイシャイン面を得るために重要な道具です。

靴用ワックス

靴用ワックスはハイシャイン仕上げに必須のアイテム。

シューケア用品メーカーごとにいくつか種類があります。

こちらはサフィールノワール(SAPHIR NOIR)のビーズワックスポリッシュ

step-6-high-shine-23

フタを開けると、固形状のワックスが。

step-6-high-shine-26

ハイシャインの鏡のような美しい面は、表面がなめらかになり光が反射しやすくなることで生まれます。

シューワックスに含まれているロウ分が革表面をなめらかにし、エレガントの光沢が表れるのです。

革はもともと表面に凹凸があり、以下のように光が乱反射するのであまりツヤが出ません。

step-6-high-shine-15

ですが、ワックスを塗ることで革表面の凹凸が埋まり、表面がなめらかになります。

step-6-high-shine-7

それによって光が一方向に反射しやすくなり、鏡のような強いツヤが表れます。

靴用ワックスは革表面にコーティング層を作ることで、美しい輝きを生み出しているのです。

磨きクロス

磨きクロスもまた、ハイシャイン仕上げのためには欠かせないアイテムです。

ワックスを革表面に塗っただけではハイシャイン仕上げにはなりません。

塗ったワックスをなめらかに・均一にするため、磨いてならす必要があります。

その際に使うのが磨きクロス

step-6-high-shine-18

磨きクロスにはきめ細かい生地が適しています。

きめが細かいクロスはワックスを均一にならす効果が高く、ハイシャインの仕上がりが良いです。

つまり、

  • ツヤが増す

ということです。

ハンドラップ

ワックスを均一にならすためにクロスで磨くわけですが、そのままだと摩擦があり、クロスがすべりにくいです。

摩擦抵抗が高いままクロスで磨いても、なめらかにするどころか、せっかく塗ったワックスをこそぎ落としてしまうことになりかねません。

クロスに少量の水を含ませればワックスとクロスの間の摩擦を軽減し、クロスのすべりを良くすることが可能です。

水をクロスに含ませるときに登場するのがハンドラップ

step-6-high-shine-4

ハンドラップはノズル先端を押し込むと、少量の水を取り出せる優れもの。

ノズルを押し込む加減で水量が調節できます。

クロスに水を含ませるため、あると便利なのがハンドラップです。

ハンドラップをお持ちでない方はワックスのフタに水を入れて、そこにクロスをつけて水を含ませてもOK。

step-6-high-shine-28

道具を工夫して使うのも靴磨きの楽しみの1つです。

革靴をハイシャイン仕上げにする方法

では、先ほど紹介した道具たちを使って革靴のハイシャイン仕上げをやっていきます。

今回磨くのはリーガルのストレートチップ

step-6-high-shine-5

色は淡いブラウンなので、ニュートラル(無色)のワックスを使って革本来の色をかした仕上がりにしてみます。

ワックスを塗る

まずはワックスを指に取り…

step-6-high-shine-3

ハイシャイン仕上げをほどこしたい箇所にワックスを塗っていきます。

step-6-high-shine-13

今回はトゥ部分を光らせたいので、つま先に満遍まんべんなくワックスをヌリヌリ。

step-6-high-shine-6

ハイシャインにするためには下地が大事なので、ワックスを厚塗りします。

片足の靴を塗った後は、もう片方の靴にもワックスを塗布。

step-6-high-shine-9

しっかりと光沢を与えるため、ワックスのベースづくりは入念に。

step-6-high-shine-14

ワックスを塗った直後はマットな状態になります。

ツヤを確実に出したい場合は、二重・三重にワックスを塗り重ね、ワックスの土台を積み上げましょう。

step-6-high-shine-20

ワックスを塗り重ねた後は、時間を置きます。

step-6-high-shine-19

5分~10分程度ワックスを乾燥させることで、革靴にワックスを定着させる効果があります。

強いツヤを出すためには、ワックスをしっかり乾燥させることがとても重要です。

ここから磨き上げることで徐々に光沢が出始めます。

クロスで磨く

ということで、磨き工程に移りますね。

クロスを指に巻き付けて…

step-6-high-shine-11

ハンドラップで少量の水をクロスに含ませます。

step-6-high-shine-2

クロスが湿るくらいの水を付けましょう。

step-6-high-shine-8

次に、水を付けたクロスでワックスをポンポンと叩き、極々少量のワックスをクロスに付けます。

step-6-high-shine-17

気持ち程度のワックスを取る、そんなイメージです。

そして、先ほどワックスを塗った面をクロスで磨きます。

step-6-high-shine-1

力は全くいりません。

革の上をクロスですべらせながら磨き続けましょう。

ある程度磨いたら、もう片方の靴を磨き、交互に磨いていきます。

step-6-high-shine-10

片足を磨いたら、もう片方を磨き…。

step-6-high-shine-16

ひたすら交互に磨き続けていくと、徐々に光沢が表れ始めます。

step-6-high-shine-27

ウロコ模様が出始めたら、ハイシャインまであと少し。

ひたすら無心で磨き続けます。

step-6-high-shine-24

磨き続けていくとウロコ模様が消え、強いツヤを放つようになります。

ハイシャインの仕上がり確認

完成形がこちら。

step-6-high-shine-21

革靴にハイシャイン仕上げをほどこせました。

ワックスを使ったハイシャイン仕上げ前後で、革靴の状態を確認してみます。

step-6-high-shine-25

上がハイシャイン前、下がハイシャイン後。

革靴の雰囲気が大きく変わっていることがわかります。

ハイシャイン仕上げをほどこすことで革に強い光沢が与えられ、エレガントな印象が増しています。

革靴を美しく・華やかにしたいときはハイシャイン仕上げをほどこすと、また違った雰囲気を楽しめますよ。

おすすめの鏡面仕上げアイテム

さて、この項目では鏡面仕上げを楽しむために必要な道具の選び方とおすすめアイテムを紹介します。

ハンドラップに関しては、STEP5|革靴を磨き上げる工程の記事で説明しましたので、この記事では割愛。

ということで、ここではワックス磨きクロスについて書いていきますね。

おすすめのワックス

ワックスを選ぶ上で大事なのは以下のポイントです。

ワックス選びのポイント
  • 光りやすい
  • 保革成分を含む

革靴を光らせるために使うワックス。

大事なのは光りやすいことです。

そのためには、配合成分をきっちりチェックしましょう。

モンタンワックスなどの鉱物系のワックスは光りやすいですが、硬めで若干使いにくさを感じるかも。

一方、カルナバワックスなどの植物性ワックスはなめらかな使用感。

伸びが良いですが、光りやすさは鉱物系には一歩及ばず。

複数のワックスをバランスよく含んだ靴用ワックスもあります。

また、輝きを与えるだけでなく、栄養を与える効果が高い靴用ワックスも。

サフィールノワールのビーズワックスポリッシュは光りやすく使いやすく。

革への栄養補給効果も高い、間違いなしのアイテムです。

輝き付与に特化したミラーグロスなんて商品もありますので、チェックしてみて下さい。

おすすめの磨きクロス

磨きクロスを選ぶときに意識したいのが以下の項目です。

磨きクロス選びのポイント
  • キメが細かい
  • 横に長い長方形

鏡面仕上げ用のクロスにはキメの細かい生地がおすすめ。

きめ細かい生地ならば、ワックスが生地に浸み込みにくいです。

ワックスを革靴にしっかり乗せられます。

なめらかなワックスの層を作るのにも貢献しますよ。

加えて、鏡面に仕上げるときにはクロスを指に巻き付けて固定するのが重要。

指に縛って安定化できるように、横に長い鏡面仕上げ用の磨きクロスを使いましょう。

ブートブラックのポリッシュクロスは、なめらかで適度な長さ。

鏡面磨き用の上質な磨きクロスです。

ハイシャイン仕上げで革靴の魅力が限界突破

step-6-high-shine-22

本記事では、靴磨き手順のSTEP6「革靴をハイシャイン仕上げにする」ことのメリットと方法について紹介しました。

ハイシャイン仕上げは革靴をより美しく演出する魅惑の手法。

ワックスが均一なコーティング層を形成し、革靴に鏡のような輝きをもたらします。

靴磨きのしめの工程として、革靴にエレガントな印象を与えてみてはいかがでしょうか?

普段とはまた異なる革靴の表情が垣間見え、惚れ直すこと請け合いです。

はじめのうちは、

  • 上手くハイシャインに仕上がらない…

なんてこともあるかもしれません。

しかし、回数を重ねるごとにだんだんと早く・確実にハイシャインがほどこせるようになり、技術の向上を感じることができるのもハイシャイン仕上げの魅力。

靴磨きの醍醐味だいごみともいえるハイシャイン仕上げを楽しんでみてください。

それでは、今回はこの辺で。
少しでも参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

STEP1に戻っておさらいする
靴磨き全行程のまとめはこちら
step-1-shoe-keeper-10
【靴磨き手順STEP1】シューキーパーで革靴の形状キープ【美しさを保つ方法】靴磨きを始めようと思ったそこのあなた!まずは革靴にシューキーパー(シューツリー)を入れましょう。靴用ハンガーともいうべきシューキーパーは、靴の型崩れを防止してくれる優れもの。お気に入りのシューズを守るシューキーパーの効果と使い方を説明します。...
start-polishing-shoes-11
靴磨き方法を6つの手順でわかりやすく解説!各工程の意味とは?【初心者必見】靴磨き方法を手順ごとに解説した記事です。靴磨きを6つの段階に分け工程ごとに作業の意味や必要性を説明します。靴磨きって何をやるの?どんな道具が必要なの?そんな疑問にお答えします。...
comparison-mirror-gloss-bead-wax-1
【ハイシャイン比較】ミラーグロスとビーズワックスポリッシュで鏡面に違いが出るのか?【サフィールノワール】サフィールノワールのミラーグロスは革靴を手軽にハイシャイン(鏡面)仕上げにできる靴用ワックス。実際の効果はそれほどなのか!?ということで、鏡面の作りやすさを、愛用者が多い同ラインのビーズワックスポリッシュと比べてみました。その結果、ミラーグロスは短い時間で革靴に光沢を与えられる、初心者にもオススメのシューポリッシュであることがわかりました!...
high-shine-wax-1
【ハイシャインワックスをレビュー】M.モゥブレィの靴用ワックスの使い方を解説M.モゥブレィのハイシャインワックスは、ハイシャインポリッシュがリニューアルされた靴用ワックスです。塗りやすく、強いツヤが出るのが特長です。この記事ではハイシャインワックスの使い方と出来上がりの状態をご紹介。使いやすさと仕上がりの良さを両立したい人にオススメのシューポリッシュです。...
easy-mirror-polish-19
【初心者でも簡単】鏡面磨きに仕上げるコツと道具を解説【革靴ピカピカ】靴磨きを初めたばかりの方にはハードルが高い「鏡面磨き」。ですが、鏡面磨き専用の道具やちょっとしたコツを意識すれば、簡単に靴を輝かせることができます。この記事では鏡面磨きにオススメの道具と上手く鏡面を仕上げるためのコツをご紹介します。...
high-shine-summary-99
革靴を光らせるには何を使う?ワックスをどう塗る?落とし方は?全部解説革靴を光らせる「鏡面仕上げ」に関する道具や方法をまとめたベージです。靴磨きを始めたばかりの人向けの鏡面仕上げの方法や簡単に鏡面を作れる便利な道具の紹介、鏡面の落とし方を解説しています。...
履きやすさと満足感で選ぶ!おすすめ革靴

革靴選びの参考として履きやすさ持つ喜びを感じるシューズブランドを紹介します。以下のボタンから詳細記事や公式サイトをチェックしてみて下さい。

コールハーン
コールハーンの革靴
スニーカーのような履き心地!アメリカ発のシューズ・アパレルブランドがコールハーンです。カジュアル・スタイリッシュ・コンフォートな靴が目白押し。
公式オンラインショップの購入特典会員登録すると送料無料。さらに登録時と誕生月にクーポンプレゼント。
快適性
ソールの返りが良くクッションもきいているため次の一歩が踏み出しやすい
価格
30,000~50,000円
履き心地オススメ度
「革靴を履くのはつらい」を覆すバツグンの快適性
オススメの人「革靴は足が痛くなって履くのがつらい」と感じている人

記事を見る公式ページ

リーガル
リーガルの革靴
本格革靴を手軽に楽しむなら日本のシューズブランドのリーガルは要チェック。革靴初心者にもおすすめです。
快適性
アッパーとソールが確かなホールド感を生み靴がずれにくくコスパと履き心地のバランスが良い
価格
20,000~40,000円
コスパオススメ度
リーズナブルな価格で本格派革靴を楽しめる
オススメの人比較的低価格で上質な革靴をまず1足買いたい人

記事を見るAmazonへ

シェットランドフォックス
シェットランドフォックスの革靴
履いて嬉しい高級感が魅力!シェットランドフォックスは靴の美しさ・楽しさを提案するシューズブランド。国内最高品質の高級革靴がラインナップしています。
快適性
日本人の足型に合うアーチサポート採用した足のことを考え抜いた良好な履き心地
価格
50,000~70,000円
履く喜びオススメ度
メイドインジャパンで日本人の足になじむ形状と高級感
オススメの人日本人の足に合う上質な国産革靴を履きたい人

記事を見るAmazonへ

こんな記事も読まれています