シューケア

【コロニル】アロマティックシダーシューツリーをレビュー!革靴の型崩れを予防【イヤなニオイも防止】

aromatic-cedar-shoe-tree-1

革靴と末永く付き合っていくために必要なのは、日々のお手入れ。

しかし、一口にお手入れといっても、その方法は色々あります。

ブラッシング靴クリームを塗るなどは、革靴ケアの醍醐味だいごみといって過言ではないほどメジャーな方法です。

ただ、革靴を良好な状態で保つために絶対に欠かせないケアアイテムが「シューツリー(シューキーパー)」です。

シューツリーは革靴に入れて使用する道具。

履き終わった革靴に入れることで履きジワを伸ばし、靴のりを解消してくれます。

革靴の型崩れを防いでくれるのです。

シューツリーを使うか、使わないかでは革靴の寿命は大きく変わります。

一路
一路
もちろん、使った方が長く履けるのは明らかです!

ドイツのシューケアブランド「コロニル(Collonil)」のアロマティックシダーシューツリーは、芳香が強いアロマティックシダーを使ったシューツリー。

革靴の型崩れを防止するだけでなく、イヤなニオイを予防する効果が高いシューツリーです。

シングルチューブタイプのシューツリーなので、革靴にバランスよく負荷をかけ、革を均等に伸ばせます。

革靴保管に欠かせないアイテムです。

本記事では、コロニルのアロマティックシダーシューツリーをレビューしていきます。

この記事はこんな方にオススメ
  • 革靴の型崩れを防ぎたい!
  • 革靴のイヤなニオイを予防したい!
  • コロニルのアロマティックシダーシューツリーの詳細が知りたい

シューツリーは革靴のケアに欠かせないアイテム!さもないと…

シューツリーは革靴を良好なコンディションに保つために必須のアイテムです。

「シューキーパー」とも言いますね。

なぜ必要なのかというと、シューツリーを使わないと革靴がこんなことになってしまうから。

シューツリーを使わないとこうなる…
  • 革靴に深い履きジワが入り、見映えが悪い
  • 靴が反るため美しくなく、さらにフィット感が落ちる
  • 靴内部に湿気がたまり、カビやイヤなニオイの元となる
一路
一路
それぞれ詳しくご説明していきますね!

革靴に深い履きジワが入り、見映えが悪い

シューツリーを使わないと、革靴に深い履きジワが入ってしまいます。

革靴を履いて歩くと、特に指の付け根のところが曲がることで強い負荷がかかります。

靴を履き終わった後にそのままにしておくと、入ったシワが固定されてしまいます。

そして、また履いて、シワが深くなり…。

なんてことを繰り返し、いつしか履きジワはとても深く刻まれ、革のヒビ割れの原因に…。

見た目も悪く、せっかくの美しい革靴の雰囲気が台無しになってしまいます。

革靴を履き終わった後はシューツリーを入れて革を伸ばせば、履きジワを深く刻まずにすみます。

靴が反るため美しくなく、さらにフィット感が落ちる

シューツリーを使わないと見た目をそこなうことやフィット感の低下にもつながります。

革靴を履いて歩くと革の履きジワ同様に、ソールもり上がってきます。

そうなってしまうと、つま先が少し上側に曲がった形状になってしまい、見映えが美しくありません。

り返った靴はピエロのよう。

スタイリッシュさが失われ、どうにも締まりのない印象になってしまいます。

また、り返った革靴は足とのフィット感が悪く、靴が足についてくる感覚があまり味わえなくなります。

一路
一路
革靴の形がゆがんでいますから当たり前ですけどね…

シューツリーで革靴の形状を保てば靴のりを抑え、見た目だけでなく履き心地も良好な状態にキープできます。

靴内部に湿気がたまり、カビやイヤなニオイの元となる

シューキーパーを使わないと、靴の内部に湿気がたまるため、カビやニオイが発生しやすくなります。

足からは以外にも大量の汗が出ます。

その量、一日でおよそコップ1杯分。

一日中革靴を履いていると、靴のインソールやライニングに湿気がたまります。

家に帰って革靴を脱ぎっぱなしにしておくと、靴内部にたまった水分が空気中に出続けるため、いつまでたっても革靴内部の湿度が下がりません。

そうなると、カビやイヤなニオイが発生します。

革靴を長く履いたときは、靴内部の湿気をきっちり取り除くことが末永く愛用するためには大事。

木製のシューツリーは吸湿・調湿機能があり、履き終わった革靴に入れておけば、靴内部の水分を吸い込み、湿気を取り除いてくれます。

かといって、過度に水分を除去し過ぎることもなく、木製ゆえに湿度コントロールが可能なのです。

シューツリーは革靴の形状だけでなく、内部の環境まで整えてくれる頼もしい存在。

一路
一路
革靴を末永く愛用したいなら、必要不可欠ですよ!
革靴を末永く愛用するためにまず揃えたいアイテムまとめ
basic-care-leather-shoes-1
【革靴の扱い方の基本3選】長持ちさせるために欠かせないこととは?【ブラッシング・シューキーパー・靴ベラ】革靴の寿命をのばすためには傷めないように取り扱うことが重要です。ブラッシングでホコリを落とし、シューキーパーで型崩れを防止、靴ベラを使ってかかとのダメージを軽減させれば、革靴は劇的に長持ちします。この記事では、靴クリームやシューポリッシュでのケア以上に大切な「靴を傷めない方法」について解説しています。...

コロニルのアロマティックシダーシューツリー

シューケアに必要なシューツリーには色々な種類があります。

その中で、比較的安価で手を出しやすいアイテムがコロニル(Collonil)アロマティックシダーシューツリーです。

aromatic-cedar-shoe-tree-6

こちら、アロマティックシダーを使った、革靴の形を整えるシューツリー。

シューツリーは革靴保管の必須アイテム。

履き終わった革靴に入れることで、履きジワを伸ばすと同時に靴底のりを解消し、革靴の型崩れを防ぎます。

アロマティックシダーシューツリーの詳細
  • 木材:アロマティックシダー
  • 金具:ブラス(真鍮)
  • 仕様:シングルチューブ、センタースプリット

アロマティックシダーシューツリーは防臭・抗菌効果が高い

aromatic-cedar-shoe-tree-2

アロマティックシダーシューツリーは、革靴内の湿気を吸収する効果が高く、また、イヤなニオイを予防します。

コロニルのアロマティックシダーシューツリーは、その名の通り「アロマティックシダー」を使っているのが売りです。

アロマティックシダーは「芳香西洋杉」とも呼ばれ、天然の芳香効果で防臭機能が高く、防虫・抗菌にも適した木材。

アロマティックシダーシューツリーを一日履いた革靴に入れて保管するだけで、清潔な状態に保て、長く快適にその靴を楽しめます。

一路
一路
シューケアの必須アイテムといっても過言ではありません!
シダーの効果とは?
【消臭・防虫・防湿効果】レッドシダーを活用して靴箱とクローゼットを守ろう!【革靴・衣類保管にオススメ】レッドシダーってご存知ですか?シューツリーに使われる素材として有名ですが使われるには理由があって、その防虫防湿効果が注目されています。僕が使用中の無印良品のレッドシダーブロックの使い肩とその効果についてご紹介していきます。...

アロマティックシダーシューツリーの形状

アロマティックシダーシューツリーはシングルチューブでセンタースプリット仕様です。

シングルチューブはツインチューブよりもサイズの適応範囲が広く、サイズ選びの失敗が比較的少ないというのがポイント。

aromatic-cedar-shoe-tree-8

汎用性が高く、多くの革靴に合わせやすい特長があります。

このように。

aromatic-cedar-shoe-tree-11

伸び縮みします。

トゥ部分はセンタースプリット(つま先が縦方向に2つに割れる)仕様なので、革靴に入れた際に左右に広がり、横方向にもしっかりとテンションをかけられます。

aromatic-cedar-shoe-tree-9

このように。

aromatic-cedar-shoe-tree-10

パカッと。

かかとにもしっかりと丸みを帯びた木材が使われており、靴のかかと全体にテンションをかけられます。

aromatic-cedar-shoe-tree-3
一路
一路
Collonilのロゴがスタイリッシュ!
aromatic-cedar-shoe-tree-13

革靴から取り出すときに持ちやすいよう、かかとがフック状になっているのがGOOD。

aromatic-cedar-shoe-tree-7
一路
一路
つかみやすくて使いやすいです!

アロマティックシューツリーのサイズ

アロマティックシューツリーのサイズは、メンズ・レディースでいくつかバリエーションがあります。

シダーシューツリーの適合サイズ
  • メンズ(S):24.0 ~ 25.5 cm
  • メンズ(M):26.0 ~ 27.0 cm
  • メンズ(L):27.5 ~ 30.0 cm
  • レディース(S):22.5 ~ 23.0 cm
  • レディース(M):23.5 ~ 25.0 cm

バネ式なので、一つのサイズで複数のサイズをカバーできます。

コロニルのアロマティックシダーシューツリーは、適合サイズが比較的シビアでないシングルチューブタイプなこともあり、サイズ選びの失敗が少ないシューツリーと言えるでしょう。

僕の場合、スコッチグレインのアシュランス24.0cmに対して、アロマティックシダーシューツリーのSサイズを使用しています。

一路
一路
サイズ選びの参考にしてみてください!
aromatic-cedar-shoe-tree-12

右(RIGHT)と左(LEFT)の区別が書かれているため、どちらの靴に入れれば良いかも一目瞭然です。

コロニルのアロマティックシダーシューツリーを使ってみる

シューツリーは革靴の中に入れて使います。

ここでは、その使い方をご説明しますね。

シューツリーのつま先部分を革靴内部に差し込み、かかとを押し込みながらバネを縮ませ、シューツリーのかかとを革靴に入れます。

aromatic-cedar-shoe-tree-14

後は、革靴全体のフィット感を確かめつつ、シューツリーの位置を微調整しましょう。

aromatic-cedar-shoe-tree-5

履きジワ付近のへこみがなくなり、ピンと革が張っているのが分かります。

aromatic-cedar-shoe-tree-4

これで革靴の型崩れを防止できますね。

もちろん、防臭効果もあります。

ちなみに、シダーの香りがなくなってきた場合、紙ヤスリでアロマティックシダーシューツリー全体をヤスリがけすると、香りと色合いがよみがえります。

コロニルとは

ここで少し、コロニル(Collonil)のご紹介をば。

コロニルは1909年にドイツで創業したレザーケアブランドです。

欧州をはじめ、世界約100カ国で愛用されています。

コロニル製品は、

  • 皮革に優しい
  • 人体に優しい
  • 環境に優しい

をコンセプトに、アイテムの機能性や品質の高さだけでなく、環境に配慮したモノづくりの姿勢も世界中で大変高い評価を受けています。

コロニルの定番レザーケアクリーム「シュプリームクリームデラックス」
supreme-creme-deluxe-
シュプリームクリームデラックスの使用感レビュー!【コロニルの保革クリーム】コロニルの1909シュプリームクリームデラックスの使用感を書いています。革製品のお手入れに欠かせないのがデリケートクリーム。シュプリームクリームデラックスはシダーウッドオイルやラノリンといった天然成分を配合したレザーケア用クリームで保革や革への栄養補給効果があり、クリームを革へ塗る事で起こりがちなシミも発生しません。...

コロニルのアロマティックシダーシューツリーを駆使して革靴と末永く付き合おう

本記事では、コロニルのアロマティックシダーシューツリーをレビューしました。

ドイツのシューケアブランド「コロニル(Collonil)」のアロマティックシダーシューツリーは、革靴を型崩れから守り、イヤなニオイを防いでくれる優れもの。

シングルチューブのアロマティックシダーシューツリーは革靴全体にしっかりとテンションを加えられ、革のシワや靴のりを解消してくれます。

また、木製のシューツリーのため吸湿性が良く、履き終わった後の蒸れた革靴の湿気を吸収し、カビやニオイを防ぎます。

芳香の強いアロマティックシダーはニオイをカバーしつつ防虫作用もあり。

入れるだけで革靴を良好な状態に保ってくれる頼もしいアイテム、それがコロニルのアロマティックシダーシューツリーです。

アロマティックシダーシューツリーを活用して、お気に入りの革靴を末永く愛用しましょう。

それでは、今回はこの辺で。
少しでもご参考になれば幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

シューキーパー8種類を比較!おすすめのタイプとは?素材や形で何が違う?【シューツリー】シューキーパーには様々な種類があります。それぞれ機能や価格も違いますから、ご自分の使い方に合ったシューツリーを選びましょう。...
スレイプニルのシューツリーはレッドウィングのワークブーツにピッタリ!【革靴管理】革靴を保管する際に使用するシューツリーですが、革靴の形にあっていないものを使ってしまうとその効果は半減してしまいます。レッドウィングのワークブーツに使用しているシューツリーの型が靴と合っていない気がしたので、今回、スレイプニル(Sleipnir)のシューツリー、「トラディショナルモデル」を購入しました。それぞれの革靴に合ったシューキーパーを使用して靴の寿命を延ばしましょう!...
革靴の型崩れって防げないの?いえ!シューキーパーで予防できます【シューツリー】お気に入りの靴、なんだかくたびれて見えていませんか。それって。シューキーパーを使っていないからかもしれません。シューキーパーを使うことで靴のしわが伸び、型崩れを防ぐことが出来ます。靴を長く履きたいのであればシューキーパーは必須です!...
step-1-shoe-keeper-10
【靴磨き手順STEP1】シューキーパーで革靴の形状を維持する【シューズを美しい状態で保つ方法】靴磨きを始めようと思ったそこのあなた!まずは革靴にシューキーパー(シューツリー)を入れましょう。靴用ハンガーともいうべきシューキーパーは、靴の型崩れを防止してくれる優れもの。お気に入りのシューズをいつまでもきれいな状態に保つため、シューキーパーを利用するのはシューケアの基本です!...
care-inside-shoes-20
【靴の内側のケア方法】インソールとライニングのお手入れはカビ止めとホコリ除去が肝!靴の中(内側)のお手入れはしていますか?靴内部には靴下の繊維くずやホコリが蓄積されやすく、放っておくとカビが発生しやすい環境が生まれてしまいます。また、溜まったホコリはインソールやライニングに使われている革の栄養を奪い、革の乾燥を促進してしまう悪影響も…。普段は目につかない靴の内側といえど、定期的にホコリを落として栄養を補充し、良い状態を保ちましょう。この記事ではその方法と使う道具をご紹介しています。...
mxp-socks-1
【消臭機能付き靴下】MXPのデオドラントソックスをレビュー【ずり落ちない】足の嫌な臭いが気になる方はMXPのソックスがオススメ!ニオイの原因物質を元から分解してくれます。靴下を履くだけのお手軽ケアで消臭できますよ。長めの丈は足を組んでも素足が見えず、ずり落ちてこないため見た目もスタイリッシュ。そんなMXPのビジネスソックスをオススメしたい理由を語ります。...
靴磨きに使う道具まとめ
shoe-care-goods-summary-2

革靴のお手入れに使う道具にはどんなものがあるの?
靴クリームやワックス、ブラシなど。
靴磨きを楽しむために必要な道具や持っていると便利なアイテムをご紹介します。
気になる方は下のボタンをクリック!

靴磨きに使う道具一覧

こんな記事もオススメ!